雨のち晴れの一日

朝、とても良い夢を見て目が覚める。と、雨がじゃぶじゃぶ降っている。温度の高さといい梅雨を思わせる。ああ、嫌だ。真冬、真夏、真梅雨(?)を避けては通れないものか。良い夢もどこかへ飛んでいったようで、もう内容を覚えていない。

仕事で工場へ行かなければならない時にもたんまり雨が降っている。600円で買ったどーでもいい傘を差して工場へ向かう。といってもどーでも良くないような素敵な傘など持っていない。いつでもトトロにくれてやれる傘しか持たぬ主義なのだ。高い傘買ったらもったいなくてトトロにくれてやれぬだろうが。

まあ、ホンマにトトロに会えたら高い傘でも譲ってしまうだろうけど。

それから常日頃から妹や無口な幼馴染みに言われていたが、そんなハズはないと思っていた事を向かいのお方にも言われる。

○○さん、昨日よく喋ったね。あんなに喋るんだね、と。

ガーン。やっぱり信じたくなかったが私は恐ろしく喋る人間なのだな。これにお酒が入ったらもう最悪。喋りまくって相手をひかせる事1000パーセント。

ああ、女人は無口でニコッとしてた方が絶対可愛い。可愛い女になれない。(そもそも年齢が可愛くない…)どっちかっていうと寒いギャグ飛ばすオヤジにすごく近いという自覚もある。最近はオヤジギャグを飛ばすオヤジもそんなに見ないが。

このままではいけない。もうちょっと女を磨こうか。でもどうやって?無口になるのは難しい。とりあえず今年は化粧覚えよう。うん。そうしよう。

仕事はなんだね、いつもの如く溜まってきているが、夕方には4月から復帰してくださるそれこそ無口でニッコリのもてフェロモン女子が復帰して下さるので、その仕事分担を話し合う。

わたくしの残業要因の仕事すべてをそのお方にやって頂く事になる。くくく。うれしい。確実に確実に残業がゼロになる。あはは。すごい真面目な顔して打ち合わせに参加していたが、心の中は桜が咲き乱れ神輿わっしょい状態のラリホー気分。

さあ、4月からはもうちょっと課の皆さんの仕事を手伝えるようになるわね、ルンルン。溜まった書類も片付けたいしね。

ルンルン気分になって今日は娘のピアノなので溜まった仕事をポイして帰宅。

会社帰宅途中に雨が上がって青い空が広がってキレイ。

そしてピアノの帰宅途中には星がめちゃくちゃキレイだ。

ラッキー。今日はキレイなもの2つも見てしまった。

今日は(正確には今日も)ぐっすり眠れそうだ。







広告を非表示にする