今日の1日。てか半日。

朝起きるとすでに息子達は勝手にパンなど焼いて朝食を済ませている。やはり自立した立派な大人にさせる為のわたくしの教育方法が功を奏している。決して朝寝坊して朝食用意をサボっている訳ではない。心を鬼にして寝こけているだけだ。

今日はお日様がペカ~と輝き気温も高めなので、ここぞとばかりに洗濯機を回す。干し終わる頃にはペカ〜としていたお日様が灰色のお布団を被ってスコ~と寝てしまったようだ。

今日は何処へお出かけしようかしら?と思っていたが、お日様が布団を被りすぎ、寝汗をかいていつ滴らせるかわからぬので洗濯機3回分の洗濯物のお守りをしようと決意。つまり、1日中ゴロゴロする事に決定。

会社の姫君に借りた漫画を一気に読むことにする。じょ、じょりーん!!可愛い。という勢いで一気読み。良かった。これでやっと2ヶ月近く借りていたのが返せる。しかしこの漫画のシリーズはなんでもありだな。

とにかくコタツに潜り、子供はゲームとテレビ、母は漫画片手に菓子をボリボリ。上の息子がまたもや厳格な母ルール、柿ピーのピーを食べてはならぬという掟を破ってピーを食しておるのを発見。

マジで息子と喧嘩。ピーナツ食べるならもう、絶対柿ピーは食べさせない!!とプンプン言うと息子も何でダメなんだよー!!とプンプン。うむ。それは母のピーは母のもの、君のピーも母のものなのであるからにしてダメなのである。

もっと偉そうにいうと、ならぬものはならぬのです。と会津の掟ぽく言えるがやめておこう。
柿ピーごときで使っていたらこの先ホントに使える偉そう言葉が底をついてしまうからな。

仕方なくピーを少しは食べさせてあげて、罪滅ぼしに林檎をむいてあげる。なんだかホコリのような味のするリンゴだが、子供達は喜んで食べているのでよしとしよう。

そうこうしている内にもう夕御飯を作る時間がきてしまった。それなのに体がお昼寝タイムに入っている。時間的に言ってお夕寝タイムなのだが。確実にこの日記を書き終わったら寝てしまうだろう。

ふあー。ちょいと寝てからご飯を作ろう。今日のご飯は前菜に有機野菜たっぷりのキッシュ、食前酒はブルゴニュー産の赤ワイン、メインに子羊の香菜焼きアンチョビソース、デザートに、えーと、デザートに…いかん。思い浮かばない。

わたくしの妄想力をしても食べたこともないものを作り出すのは至難の技である。

気を取り直して、うん。夕方寝しよう。ご飯は多分カレーだな、こりゃ…