栄養ドリンク

朝起きると少し体がだるい。風邪になりかけかもしれぬ。急いで4ヶ月に一度訪ねてくるイケメン置き薬屋さんが置いて行く栄養ドリンクをグビグビ飲み干す。

置き薬はもう7年程置いているが最初の3年程は担当の人もコロコロ変わり、私も置き薬は使わないので返そうと何度も試みたが、その度に置かせていただくだけでいいです、という懇願に負けて置き続けていた。

ところがこのイケメン担当者に変わってから担当がもう数年以上変わっていない。おそらくイケメンはイケメンであるが故に営業成績がいいのであろう。置き薬置くのやめるのをやめよう思うおばちゃん達で溢れているのだ、きっと。少なからずここに一人は溢れている。

会社に行くとやはりドリンクが効いて体がよく動く。ところが夕方になるとドリンクの魔法も切れて異様に眠い。目ばかりこすってしまう。それに微妙に腰の辺りが重たい。紛れもなく風邪気味だ。このまま気味で終わらせる為にはとにかくさっさっと寝る事である。

とにかく仕事を休む訳にはいかぬ。私は替えのきかない唯一無二の唯我独尊の世界に1つだけの花なのである。私がいなかったら我が帝国が滅びてしまう。

などという妄想は置いといて、実際今月は液体廃棄物処理タンク配水管の石詰まり(要約すると尿管結石)の為有給を2日も使ってしまっている。もう体の不調で有給など使いたくはない。有給は宝クジが当たった時に家族にも内緒でお金を受け取りに銀行に行く為に大事にとってあるのだ。冗談かと思うかも知れないが、半分以上マジだ。

今日はとにかく早く寝よう。それなのにこの日記書いて何してるんだ?有給が無くなって家族にお金取りに行くのバレたら大変だ!

よし。寝るべ。

広告を非表示にする