コタツでゴロゴロ

今日から3学期の始まった子供達が地獄の学校だいやだなあーとか、お、お腹痛いとか、喉が痛いのとか、ありとあらゆる手法を使って冬休みをもう一日伸ばそうと朝から努力している。その努力が実らないと察すると、今度は車で送ってもらおうとする始末だ。私は金持ちの運転手でもなければ私の娘も金持ちのお嬢様でもなんでもない。諦めて歩いて行ってくれ。実のところお金持ちのお嬢様が送り迎えしてもらっているかは、お嬢様に会った事も見たこともないので定かではないが。

会社ではまた下らぬギャグを言ってしまい、同じ課の人に自然体でスルーされる。仕方がないのでめげずに今度は隣の課の人に同じことを言って同情で笑ってもらう。今日は本当にあまり調子がよくない。仕事もなかなかはかどらない。イライラしてしまう。自分の言った下らないギャグに自分でイラついてしまうのだから、聞かされる他人にはたまったもんじゃないな。反省。

結局今日やり遂げようと思っていた仕事の6割も出来ずに帰宅。家では宿題の10割もやっていない子供達がコタツでゲームを100割ぐらいやっている。頭の中で怒りが1000割くらいになる。でも訪ねてくれた母がカレーを作っていてくれたので、怒りも10割くらいに収まる。

何事もしっくりこない日は誰にでもあるものだ。そんな時は仕方がないので、会社の制服のままコタツでゴロゴロする。しっくりする日もコタツでゴロゴロしているので、つまりいつもコタツでゴロゴロしている。なんだか、コタツでゴロゴロって文字が多いな。目が回りそうだ。

やはりコタツでゴロゴロ文字で目をまわしてしまうという事は調子が悪い証拠だ。よかった。ただの怠けではないという事だ。(…と、自分に言い聞かせる)

よし。明日はがんばろう。そして今日は頑張らないでおこう。きまり。

広告を非表示にする