引っ掻いてやるかな

すごく昨日は仕事で悲しい事があってシクシクモードだった。会社では涙を我慢していたけど、帰宅途中から朝目が覚めるまで泣いて明かした。もう嫌だ。誰にも見られてなくてもいいと思っていたけど、やっぱり本当に誰にも見られてなくて、頑張っても頑張っても空回りなのが悲しくて泣いた。

 

もう、いい!今までもそうだったけど、1人で何でもやるさ!と今日は開き直って工場で作業に明け暮れている。そこに別の課の若い男の子が通りかかる。

 

いつも1人で梱包してますね。どこの課ですか?と聞いてくるので、〇〇課です。と答えると、課の男の人は何してるんですか?とまたまた聞いてくる。キョトンとして事務所で仕事してますけど?と答えると、彼は憤慨しはじめる。

 

フツー逆でしょ?クソだな、課の男共は。と言う。

 

ビックリ。そんな事言われたのはじめて。よく顔を見ると恐らくブラジルの人かもしれない。女人がこのような仕事をしているのに、男が誰1人も手伝わない事にどうやら怒っているらしい。

 

へ〜。お国柄だろうか。でもよく考えたら私はこの仕事全然平気だけど、他の女人にやらせると思うととてつもなく違和感を感じる。私は女人の方では体も大きく力があるから何とかこなしているが、そもそもこの仕事は女人1人でやるものだろうか?なんて考えてたら、またまた昨日の悲しさが溢れだしそう。

 

ありがとうございます。お気使い。と若者には言っておく。いつも、1人で、と言ってくれたから、見ててくれる人はいるんだな。まあ、うちの課の人達じゃないのが残念だが。いやうちの課の人に見られても無関心だけどな。ちょっと何か頼むと嫌がられるからな、プンプン。

 

そのまま、また作業をしていると今度は優秀くんが製品を海向こうに送ってくれ、とやって来る。そしてとても不満そうに愚痴る。

 

何かさ、頑張っても頑張っても、全然楽にならないどころか、どんどん仕事増えていくんだよね。周囲は涼しい顔して事務所に座ってるし、と言う。

 

わかる!わかりすぎる!痺れる程わかる!頑張っても頑張っても仕事は増えるは評価されないはでわいも丁度悲しい目に合ってたところ♡気が合う。

 

私もさ、そうだよ。パートなのにそれ以上の仕事させられて、もしかしてこれは?社員になる為のお試し?と思ってこっちはがむしゃらに頑張でしょ。そうすると、また、仕事が増えて、で、最近分かったんだけど、社員になるためのお試しでなくて、ただ単にやる人がいないから、やらされてるだけだと気が付いちゃったよ、私。何かいつか奥さんと離婚して私と結婚してくれると言う言葉を信じて頑張って耐えてきたのに、結局奥さんと離婚する気がなくて、都合いい時だけお声がかかる、都合のいい女と同じだったんだな、って気が付いちゃった。と長々と優秀くんに愚痴る。

 

そうか〜気が付いちゃったか〜。と優秀くん笑っている。優秀くんはいいよ、正当に評価されてるじゃん。出世組じゃん。と言うと、俺は別に出世したい訳じゃなくて楽になるように仕事してるのに、どんどん仕事頼まれて楽になるどころか今はもうキャパオーバーなんだよ。辞めたいわー!!と嘆いている。

 

私も1人でここで梱包してるとモヤモヤたまになるよ、誰も気がついてくれないけど。というと、1人で梱包してるのは知ってるよ。とサラッと言ってくれる。

 

なーんだ。誰も見ててくれないと思ってたけど今日だけで2人も見ててくれる人がいたという事実に嬉しくて何か泣ける。

 

同じ課でも部でもないから、私の置かれた状況が彼らに見てて知ってもらったところで何も好転などしないだろうけど、それでも嬉しい。

 

そうだ。もう、辞める事も視野に入れて、ダメ元で社員にして下さい!と訴えようか。

 

課の都合のいい女で終わる前に調子のいい事言ってこちらを傷付ける男(課)に爪をたててバリバリ猫のように引っ掻いても罪はないように思える。

さくらさくら

今年は桜が咲くのが遅かった。だから今日工場へ行く途中に満開の桜を見られてうれぴー。風で飛ばされた花びらが道路の隅に美しいピンクになって固まっているのもいとおかし。むんずとつかんで花咲かじいさんみたいに撒きたい。けど、人目があるから我慢する。

 

工場へ行くとベンツくんが選別作業をしている。何選別してるの?不良?と聞くと、うん。そう。と答える。何だか今日もバタバタしていて疲れていたので、ベンツくんの真向かいにしゃがんでどこが不良か、どこの外注か根掘り葉掘り聞いた後はボ〜っとベンツくんの選別作業を眺めてしまう。

 

ベンツくんはまったく礼儀もなってない金持ちのボンボンだが、何となく憎めない。それは彼が誰に対しても平等な態度だからだ。他人を上げもしないが下げもしない。人を差別しないその性格を好ましく思う。

 

私も突然の廃棄作業に駆り出されてやっと事務所に戻ると、海向こうからまたまた無理なお願いが来ている。断りたい。断りたいが、最近返信した資料にしこたま訂正箇所があり何度も訂正してもらっている。つまり弱みがある。こういう時に恩を売っておかないと私のミスにも厳しくされちゃわない?されちゃうわい!

 

という事で夜の闇の中隣の建屋に自転車でひとっ走り。ポイッと荷物を追加したら、やでやで、お疲れだわい。

 

事務所に帰る途中に夜桜が綺麗だ。うちの会社の中の桜は綺麗だと思う。小学生の頃校庭の桜が咲くと給食を外に持って行って皆で花見をしながら給食を食べた。楽しかったな。

 

今週末にはできる事なら桜の木の下でシートなど敷いて食っちゃ寝してゴロゴロしたいなあ。まあ、結構毛虫が落ちてくるからウカウカ寝てられないし、多分散ってしまうな。今日の風で大分散ったし。残念。

 

しずこころなく花の散るらん…てなもんだな。

広告を非表示にする

入学式

今日は入学式だった。久しぶりに会社からお休みをもらい実家の用事でもないので朝ゆっくりお風呂に入っていたらあっという間に、出発しないと入学式に遅刻する時間になってしまった。

 

バタバタとシャンプーしたてでビショビショの頭で息子と慌てて用意する。ダンナ・ハーンが息子に真剣に説教している。

 

お前がしっかりしないと、かーちゃんは頼りにならないんだからな。どうしてもっと早く用意しなかった!とマジ不条理な事で説教されている。私もその不条理にのる。

 

そうだ!そうだ!どうしてもっとかーちゃんを早く起こしてくれて、お風呂ゆっくり入ってちゃだめ!って言ってくれなかったの!と息子に言う。

 

そのセリフでハーンに睨まれる。おー、こわ。ハーンは時間にはキッチリの人。私は時間が宇宙時間の人(宇宙何1000000000年のたった5分10分の遅刻など瞬きする時間でもない…という訳のわからない宇宙時間)。

 

大体ボPとも話していたが、どうして早目につくと褒められて遅目につくといけないのだ。うちらは電車じゃないよ!そんなにキッチリ行けるかいな!そうだ!そうだ!と話していた事もある。

 

そういえば全然関係ないが、この前新聞の子育て悩み相談みたいので、思春期の子供に間違ってもあなたの為なんだから、という言葉を言わないように。子供はそれが実は大人のエゴである事を敏感に感じとるから、と言う事が書いてあってビックリした。

 

何にビックリしたって、そんなの私敏感どころか堂々と子供に言ってるもんね。 

 

君らは所詮親のエゴで生まれてきて親のエゴで育ててるんだから、お金持ちになってかーちゃんに家買ってね♡と。

 

うーむ。そんな事ハッキリ言ったらいかんのかいな?うーむ。もうちょっと子育て本でも買ってきて勉強しようかいな?遅きに過ぎるか。それに子育て本読んでるとケッ!と思って鼻かみたくなるのは私がひねくれているからだろーか?

 

入学式に最後から3番目で遅れて到着。良かった。まだ私の後に2組もいた。いやいや、それよりスーツのストッキングはベージュだと分かってはいたが30秒たりとも時間がなくて黒いストッキングしかなくそれを履いて行ったのだが、マジで私だけではないか。

 

まあ、いいか。黒っぽいスーツスカートに黒のストッキング履いてるからなんだかそれこそ制服ぽい。

 

息子に、どうしよう、かーちゃん生徒に間違われないかな?と言い終わらない前に、大丈夫、顔が歳とってるから。と被せ気味に答えて頂ける。ありがとう。忌憚ない意見。さすがハッキリ言っちゃう私の息子。

 

そうだよね。ふー。良かった。さすがに中学生には見えないか。せいぜい高校生にしか見えないもんね?と負けずに息子に絡むも、ガン無視される。

 

いやん。いけず♡冷たくされると萌えるわ。

 

思春期の息子育てるのは大変だけど、おそらく私は育てる事を今までもそうだったようにこれからもするつもりはなくて、一緒に楽しく過ごしてくれる仲間としてたまにはケンカなんかもして息子達と過ごしていくんだろうな。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

パヤリのバカン

最近買ったリュックはどうやら猫も杓子も持っているリュックらしく老若男女構わず持っているな、と街を歩いて気が付いた。

 

常から脳内だけ世捨て人のように情報に遮断されているのに、どうして世間様のリュックの流行りすたりの動向などがわたくしにわかるであろうか。しかし私の脳はかなり優秀だな。情報に遮断されているというよりは数ある多量の情報の中から、瞬時に自分の興味ある事しか拾わないように出来ている。

 

たくさんの人の群れの中を歩いていても、金魚や鳥やあと予測不能な動きをする子供ばかり見てしまう。あと建物のカタチを見るのも好きだ。地域色が出るからな。まあ、でも日本はつまらない事にみんな似たりよったりのカタチを好むから。それが私もとうとうみんなと似たりよったりのカバンを持ってしまった。

 

私は流行りは知らないが知らなくてよいと思っている。変な感覚だけど、流行りというものくらい切なくて寂しく感じるものはない。刹那的だ。流行らないものは永遠に使い続けても捨てられた感がでないが、流行ったものはその時期を過ぎてしまえば何とも言えない捨てられた感がでる。

 

私はそれを感じると寂しくて泣きたくなる。だから流行りのものは知らないから買いようがないけど、あえても買わない。それなのに今回は私の優秀な脳が情報を遮断しすぎてパヤリのリュックを買ってしまった。

 

もう、寂しい。このカバンが世間に捨てられる日がくるのが。どうして人は残酷に流行りを作るのだろう。流行ってます!って言葉嫌いだ。永遠に流行る数少ない幸運なアイテムより絶対に過ぎ去って忘れ去られていくアイテムの方が圧倒的に多いのだから。

 

しかし流行るものも選択を入念にすれば永遠に捨てられるずに使えるものもあるな。これからはロゴがあんまり目立つものはやめよう。うん。それからカタチも定番のものを選ぼう。うん。

 

とりあえず今回買ったカバンは今度の陶器祭りに買う予定の丼入れにでも使おう。うん。俺はお前を捨てないぜ、って男前のセリフをカバンに吐いてもしょうがないけど。

広告を非表示にする

ズレにズレてる

家に帰ると雀のピエ蔵さんがカゴから出せとうるさい。出してあげると、こちらが食べている夕ご飯のおこぼれをもらおうとちょろちょろしている。

 

小さく切って色々あげると、ぱくぱく食べて可愛い。しばらく好きにさせておくと自分からカゴに戻ってウトウトしている。可愛い。可愛いしかない。頭がハゲてても可愛い。

 

友人がミルワームの頭を爪切りで切り落としてから食べさせると栄養状態がよくなってハゲが治ると教えてくれたが本当だろうか。毎日うねうね動くミルワームの頭を切り落とすサイコな事をしなくてはいけないとは。勇気がいる。

 

本日は子供達が西の菩薩祖父母のところへ泊まりに行ったので、常から伸ばし放題の羽をもっと伸ばしてツヤツヤさせるべく買物に行く。行くけど風邪気味なので眠いのなんの。

 

サッサっと帰り最近ハマったアニメに影響されて昨日録画しておいたフィギュアスケートを見ている。順位とかの結果が今日昼間に情報として入らないように努めないといけないな!と思って夜まで見るの楽しみしていたが、そもそも妹に、おねーちゃんは社会から遮断されすぎている、と言われるだけあって努めていないのにフィギュアの順位がどうなったか情報が入って来なかった。

 

という事でワクワクしながら見れた。よかった。そういえば社会の情報を努めて遮断している訳でもないのに世間様の事が一切耳にも目にも入ってこないせいで、流行りにも疎い。

 

だから、カバン欲しいな、と思って今日買いに行ったのだが、欲しいと思っていたのは店員さんにキッズ用です、と言われ断念し、選ぶのめんどくさくなって、ま、これでいいか!と買ったカバンを、店から出ると20代前半ぽい女人が同じものを下げているではないか。

 

ぐわん。ましゃか。これは若い子が持つべきものなのか?40のおばしゃんが持っちゃいけないものなぬか?ま、ま、まあ、いいや。キッズ用よりは20代前半用の方が40に近い。許されるハズだ。うん。

 

しかしテンションさがる。やっぱり誰も持ってなさそうなでも使い勝っての悪そうな、でも私の好みのあのカバンにすれば良かった。

 

はー、眠い。眠い。社会の事を知らなさすぎるのはツライ。去年など寒いから長い靴下みーつけた!ウハウハ!と喜んで履いていたら、妹に、おねーちゃん!それニーハイじゃん!とつっこまれ、ニーハイ?中国人が作ったって事?メイドインチャイナ?なんて思っていたら、ニードルハイ!膝上!膝上くつしたなんて20代でも恥ずかしくて履けないよ!10代が履くものなの!

 

とご教示頂いき、顔から火が出る程恥ずかしかった。

 

知らなさすぎると言うのはツライな。

 

でも、逆に私はみんなが知らない宇宙の事とかちょっとは知ってるぜ。ふん。隣のボPなど、宇宙に興味を持った事など生まれてこの方1度もないと断言しておったから、やはり私の興味の向きどころが多くの人とズレているのは認めざるを得ないな。

 

はー、寝よ寝よ。明日は寒いだろうか。寒くてもニーハイは履かないぜよ。

 

 

広告を非表示にする

ミソ無し

あなた脳ミソ入ってるの?あなたの脳に脳ミソブチこみたい。という最上級の罵倒の言葉を浴びせかけられる。それも子供達に。

 

最近買ったゲームの操作がド下手過ぎて、子供達は見ていて歯がゆいらしい。かといって命の恩人どころか創造主である母に浴びせかける言葉であろうか。ヒドイ。罵詈雑言。

 

私も一生懸命やっているのだか、操作のボタンが多すぎて心も体も頭も、つまり何もついていかない。という事で冒頭の罵倒の言葉以外に、あなた本当に大丈夫?逆にヤバイ。などという言葉と共に爆笑されている。

 

うるさい。静かにゲームしたい。したいが1人で静かにゲームしていると、それはそれでゲーム慣れしていないので、このままでは一生ゲームの世界の草むらをウロウロしているだけになりそう。なので適切なアドバイスをチョイチョイ受けなければならず、仕方なしに子供の前でするハメになるのだ。

 

私はネット通信でやるゲームなどもやってみたいと思った事もあるが、下手な人がきたら、このド下手が、と思う?とゲームに造形の深い(ゲームに深める造形があるか知らんが…)パスタくんに助言を求めたところ、まあ、思いますね、という返事をもらい、おらあ、ネット越しにイライラされて呪い殺されそうになるのはイヤだからネットでゲームは絶対やらねえ、と決めた。

 

やるとしたらまずはお手柔らかに相手をしてくれるパスタくんあたりに、ご教示お願いします、という仕事でよく使う文言を添えて深々とお願い申し上げよう。

 

本日は風邪気味にて喉が痛く仕事に馬力がでない。工場に何度も行かなければならないのに、北風に向かって走る北上コースを自転車で漕ぐ力もでないので、てくてく歩いて行く。春だなあ。白い木蓮の蕾が綺麗だ。この花が咲くのは本当に楽しみ。すごく綺麗だから。すぐに茶色く枯れちゃうけど。

 

工場ではひたすら数を確認する作業。あ〜、つらい。体がダルイ。助けてアンパンマン。力がでないよ〜。アンパン食べたい。

 

朝は洗濯干しながらはなかっぱを見るのが日常なんだけど、どうしてはなかっぱアンパンマン達も、ガリゾー&あげるちゃん、バイキンマンドキンちゃんの変装に見事に何回も騙されるのであろうか。あの騙されようは異常だ。だが、もしかしてバイキンマンとかがものごっつう変装が上手なのかもしれない。

 

そういえば、がりぞーもバイキンマンもあげるちゃんやドキンちゃんといつも一緒にいてワガママ聞いてあげてるけど、あの2人の関係性はどんなだろう?

 

ドキンちゃんは食パンマンにゾッコンだけどずっとバイキンマンと2人で暮らしている。恋人でもないし友達よりは深いし家族みたいな何かよくわからない。でもあーいうのもおもろいかもしれぬ。これからはどんどんいろんなカタチが生まれてくるかもしれないな。

 

家族とか夫婦とか友達とかのカテゴリーにあてはまらない色んな関係。

 

などと風邪気味の重たい頭で考えているので、パスタくんが仕事の事で色々話してくるのもあまり耳に入らず、心ここにあらず状態。

 

やっぱり今日は早く帰って寝るべ、とスタコラサッサと帰ってきたけど、子供が寝静まったからちょっとだけミソのないスッカラカンの頭でゲームでもしよう。

 

 

広告を非表示にする

恐ろしき魔法

仕事断るスキルを身につける第1日目。早速とある作業に、物申したくなった。あのね、去年はフーくん&私&応援者がいたから出来たのであってね、今年は私がメインであとは応援者だけかい。

 

それなのに札をつけていくという作業が足されているし、そもそもこの作業の全体の作業責任者が1の仕事を5に錬金し、それだけならまだしも他人の時間も奪う魔法を持った恐ろしい錬金術師である。

 

主にいつも魔法をかけられて時間を奪われているパスタくんの被害状況を見ているし私も魔法を使われた事があるので、その恐ろしさをよくわかっている。

 

どうしてこちらの方の責任者もパスタくんにしてくれなかったのだ。こちとらパートとしての日常業務的入力作業があるのに重箱の隅をつついたような作業進行をされたらたまったものじゃない。重箱の隅をつつくのは正月だけにして頂きたい。

 

江戸っ子ちゃんとも話した事があるが状況的にお腹から血をダラダラ垂らした怪我人が運ばれてきているのに、親指の爪が剥がれているのを先に手当するようなものだぞ。腹!止血しないと死ぬから!ってのがわからないのかなあ。

 

わからない人はいつまでもわからないので、わかっている人が腹の止血をしながら何故かそれよりも念入りに丁寧に親指の爪の治療をしなければならない。あー、よかった、錬金術師が救急救命士じゃなくて。彼が救急病院に配属されたら何人が犠牲になったことか。適材適所。犠牲者といってもここなら犠牲者が死ぬ訳ではないからな。神様ありがとう。

 

なんて考えていたら、御機嫌の良い本日は、ま、仕事お断りするスキル身につけるより仕事サッサっと自分でやっちゃった方がいっか!と生まれついてのめんどくさがりーの気質が顔をだしてどうでもよしこさんになってきた。

 

ヘトヘトになって家に帰ると子供達が最近買ったゲームを母である私より進めている。そもそもそのゲームは私が私の為だけに買ったものぞ。

 

しかし疲れてやる時間がないのであっという間に子供のものになりつつある。子供のものになると何が嫌かってゲーム機がどこから既成された脂か油か知らないが、ベットベトのネッチネチになる事だ。

 

案の定、なっている。ベトネチ。

 

しかし叱る気力も残っていない。

 

でも、もう春だしこの忙しさもおそらく5月まで。5月をすぎたらノンビリ仕事ができるぞー。ゲームもいっぱいできるぞー。

 

それを楽しみにお仕事がんばろ。

広告を非表示にする