恋の歌が聞こえない…けど見える

安請け合いした仕事のおかげで、車で別工場まで行かなければならなくなった。しかし社用車には乗りたくない。何故なら先週社用車をぶつけて凹ませたから。

 

カッチョ様にも管理部にも快く許してもらえたが、いかんだろ。だって慌てていたのだ。仕事がたてこんでいて。

 

しかし思い起こせば一昨年江戸っ子ちゃんのクルマを凹ませたし、自分の車に江戸っ子ちゃんと乗っていて車のサイドミラーがぶっ飛んで行った事もあるからして、よーするに、よーしなくても、車の運転が荒いのだ。

 

もう、社用車凹ませたくないから、今日は自分の車で行こう。しかしカッチョ様にガソリン代を請求する事ができるけど、その手続きが大変だから社用車で行って。と言われる。いえ、ガソリン代いりませんから自分の車ので行きたいです、ぶつけたばかりだし。と言っても社用車で行くように言われる。

 

仕方ない。超安全運転で行こう。

 

工場で仕事の引き継ぎをオリさんに教えてもらっていると、デスクの横に白い短冊が3枚飾ってある。

 

追い求め でも届かない 僕の心 

そなたの心 真実の恋

 

女郎蜘蛛 邪な恋…

 

とにかくはっきりとは忘れたが恋の歌が3首書いてある。気になりすぎる。

 

オリさん、あの歌はなんですか?と聞くと、隣の課のマツくんが自分の今までの恋愛を短歌にしてくれたんですよ。

 

どうしよう。笑いがこみ上げる…というかもうゲラゲラ笑ってしまった。

 

いや、ホントにクッサイ短歌なのだが、なんだこの癒され感は。バカっぽいな…を通り越して何かマツくんバカ可愛い。

 

じゃあ、私も今度マツくんに短歌をしたためてもらおうかな、とオリさんに言うと、そうですね、いいかもしれませんね、と2人で笑い合う。

 

短歌か。あんな恥ずかしい短歌を惜しげもなく他人に披露できるマツくんに俄然興味がわいた。今度話す機会があったらマジで短歌を書いてもらおう。

 

しかしノートに書き写しておいたのに家に持ってくるのを忘れたぞ。

 

明日会社で疲れたらまたノートを開いて癒されよう…

 

ナーゴナーゴフギャア!!

先週の週末はユ〇バへ行ってきたが、あそこは家族で行くとボックタクリバーに入ってしまったかのようにお金飛んでくな。ディ〇ニーでもそうだが、夢の国に行ってもあんなにお金とられたら、オイラ夢見れない。

 

でもゴ〇ラと〇ヴァのアトラクションは大変よかった。大変よかったがそれも期間限定であることに商魂の逞しさを感じる。逞しいのはいい事だが、渋々付いてきた息子とアトラクションのほとんどを目も耳も塞いで体験した(体験というのか?)双子を見てしみじみ思った…お金…無駄だな…って。

 

楽しい終末を過ごした休み明け、今週は新しい人が課にまた入って来る… のも忘れていた程仕事が手に負えなくなってる。それなのに、カッチョ様に別の仕事を依頼され、はい!できます!と後先考えずに言っちゃう。

 

パスタくんに、安請け合いしてはダメですよ。と、優しい忠告を受けるも、本当にこの性格なんとかならんか。頼りにされると嬉しくてできるかどうかの前に返事をしてしまう。

 

やばい。ここの所朝から晩まで会社にいるのに、仕事が湧き水のように湧き出てくる。もしかして湧き水か。ペットボトルに入れて売り出そう。

 

今日はトーキョ〜へ移動になった別の課の若者が挨拶に来たが、大変うらやましい。天上界で生まれて天上界の他に住んだ事がない私としてはうらやましい限りだ。

 

そして、本日課にやって来たお方は43歳のマトモそうな人。マトモそうだが、初見がアテにならないのは今まで見てきて学んでいる。

 

とにかく、静かな人であまり神経質じゃなく、腰の低い人ならそれでいいや。

 

そうこうしている内に隣の課でキャットファイトが始まった!マーさんのHPが下がった!なんていってる場合じゃないくらい、結構激しい言い争いだ。

 

隣の課のメンズ達も彼女らを取り囲んで何とか猫達を落ち着かせようと一生懸命だが、ナーゴナーゴフギャアー!!と激しい事激しい事。

 

隣のボPに、キャットファイトだよ!と小声で話すとぼP落ち着きはらって、そうですね、無視するに限りますよ!聞かないフリ!と言う。

 

そうだな…湧き水のような仕事があるのにキャットファイトを眺めてい場合じゃないな。しかし、うらやましいな。2人とも言いたい事言い合ってる。

 

ちょっと忙しくてその仕事お受けできません、という言葉一つも言えない身としては彼女らの主張する力をマジで少し分けて頂きたい。

 

あーあ、しかし眠たい。今日もソファで寝落ちしそうだ…

 

 

つけもの

コタツで本を読んでいると、去年の夏休みの娘の宝物作りの宝物が置いてあるのが目に留まる。娘は毎日川柳を作るという課題に取り組んだのだ。

 

先生から、毎日続けることができて素晴らしいですね、というコメントが添えられている。

 

先生も辛いよね。どーみても1日で40日分ひねりだして書きなぐった感バレバレの宝物にも、素晴らしいですね!の言葉を添えなければいけないとは、先生という職業も因果な職業だ。

 

中をパラパラめくってみると、これがどーした案外面白い。コタツで1人で面白すぎて肩を震わせて見る。

 

8月16日。かーちゃんは 夜にたまに 羽伸ばす

 

彼女の目にはツヤツヤと伸ばされまくった母の羽が見えているのだろうか。たまにだからいいよね?(たまにか?)

 

8月5日。ラーメン屋 だいすきだから のこさない。

8月17日。つけものを たくさん食べる しあわせだ。

 

おいおい、娘よ。分かってはいたが塩っぱいもの好きだな。そしてだな、かーちゃんは反省した。自分の感情を素直に表現する事がすごく苦手な娘が、そんな娘が、こんなに素直に真っ直ぐに幸せだ、と書いてくれたその内容が…つけものたくさん食べれた事だとは。

 

娘よ、君につけものたくさん食べる以外の幸せを教えてあげたい(涙)

 

とりあえず、マックのポテト食べさせると本当に幸せそうだから、彼女は塩っぱささえあれば幸せなのかもしれない。

 

8月18日。何もない ぐうたらすぎて つかれるよ。

 

何か、わかる。グータラしすぎると疲れるよね。うん。

 

お、この五七五はかーちゃん気に入った。

 

8月24日。学校の 帰りに雨が 降っていた。

 

何か映画のタイトルとかにできそう。学校の行きじゃなくて、帰りって所がまたいい。下駄箱から出て空を眺めている男女2人…傘を忘れた女の子に男のが傘を… ってベタな設定が思わず思い出されるな。

 

やっぱり子供は特別な心を持っているな。大人になったらどーしてこういう飾らない真っ直ぐさがなくなっちゃうんだろう。単純な幸せが減ってしまうような。

 

つけものたくさん食べれるだけで幸せになれる単純さがあれば人生ずっと幸せでいられるなあ。

 

 

広告を非表示にする

喉の乾き

ダンナ・ハーンがスキーに行って夜はご飯はいらないというので、じゃあお言葉に甘えて子供と外食するか!と都合よくお言葉を自分にいいように解釈して外食する事にした。

 

どこに食べに行きたいか子供達に聞き終わらないうちにジョイ〇ル。という返答。だよね。売るほどドリンク飲めるし、スープも売るほど飲むしね。

 

で、ジョイさんに行って、手を洗いドリンクバーに行くと息子が先にドリンクを選んでいる。足カックンしてあげよ!と

 

ケーくん!足カックン!と言って息子に全身を預けて抱きつく。するとだ、え?え?とうろたえる聞き覚えのない声。

 

ん?うちの子こんな声だったか?と顔を覗くと知らない青年だ。

 

顔から火が出る。あわあわして、あの息子と間違えて、ごめんね、と言うのがやっと。

 

大丈夫、大丈夫。と、許してくれたが、おいおい、セクハラもんだろ。今すぐこの場を立ち去りたい。

 

それを子供達に話すと、息子にすかさず説教される。大体ね、かーちゃん。こういう場所で息子だからって抱きついたりするからダメなんだよ。そういう事はしちゃダメ。

 

ごもっともですわ。ごもっともすぎますわ。

 

私にとって子供は犬や鳥と一緒なのだ(おい) 。だから抱きついて匂い嗅いでキスする。そのクセが抜けない。しかし今日は赤の他人に抱きついてこっちが真っ赤になってしまった。青年もさぞ不快だったろう。

 

ごめん。青年よ。これが超ド級の美女だったらラッキーだろうが、ただただ厄災が降り掛かっただけですまぬ。

 

しかし、勉強中の学生っぽいから、アンラッキーで良かったのかもしれぬ。超ド級の美女に抱きつかれるという刹那的な出来事に運を使い果たすより、受験という今後の人生を左右する大事なイベントに使った方がいいからな。

 

て、恥ずかしすぎてそれから1度もドリンクバーにドリンク取りに行けなかったから、ノドがカラカラだわい。

広告を非表示にする

悪魔に取り憑かれる

先週木曜日に中学説明会が来週の月曜に15時からあるよ、と息子が言う。おいおい、何かプリントもらってるっしょ?と聞くも、僕には身に覚えも何もない、と断言する。

 

口頭だけで中学説明会ある、と連絡するだろーか?中学校が?ふーむ。そんな伝言ゲームのような連絡手段なのか、中学校は。面白い。なんて、思ってる場合じゃない。

 

息子の言う事など信用できるか。もっと言うと、私自身が案内にもらったプリントを見もせずに即資源ゴミ用の新聞紙入れに入れている確率1000パーセンツッ。自分が1番信用できぬ。

 

と言うことで数少ない情報源たる息子の同級生のママ知り合い2人ばかりにlineで中学入学説明会の案内があると言うが本当だろーか?と聞いておく。

 

息子の身に覚えのないプリントは何故か同級生の子のうちには覚えがあったようで、2人共から有難く案内プリント画像を頂戴する。

 

時間は13時40分からとある。伝言ゲームを信じなくてよかった。時間が大分違うがな。午後休とって行くべし。

 

そして今日午後休を取りコタツで御飯を食べてから、さあ、出かけよう、その前にジックリ案内プリントを見てみよう、とジックリ見る。

 

13時40分から50分まで受付。話が始まるのが14時5分から。親への説明が始まるのが15時5分から。来れない保護者さんには子供に説明の紙を渡す、とある。

 

何という事だ。私は今コタツに入ってこれを見ている。さっきまでの、中学説明会行くぞ行くぞ!という気持ちが一気にしぼむ。おいおい、来れない保護者、とよく見たら書いてあるではないか。つまり、プリント見れば大体わかる事をわざわざご丁寧に寒い体育館で平日の昼間からやってくれるというのか、ありがたいね、涙がでるね。

 

今の涙は眠たくてあくびが出過ぎて泣いてるだけだが。

 

コタツくんが私にささやく。保護者の説明の所だけ行けばいいのではないでしょうか?あなたもそう思う?もっと言うと今日休みとってまで行かなくても息子が持って来てくれるプリントだけでよかったかもしれないねえ。あーあ、休みとって損した。

 

と言うことで当初の伝言ゲーム時間に中学校に行き(それまではコタツで寝るという有意義な時間を過ごす)、保護者への説明だけを聞く。聞くが別にやっぱり、プリント見るだけで良いような話の内容だ。眠たい。グー。と、眠くなるのを耐える。さっき寝たばかりだから。

 

しかしこんな事なら今週水木にある参観日の方に休みを使えばよかった。もう、休み取れないがな。

 

でも、その参観日も行くぞ!行くぞ!と会社からやる気満々で飛び出しても、一旦コタツに入ると、コタツにそそのかされ、最後の10分くらいしか見れていないような時間にしか見に行けないのだ。(何故なら寝てしまうから)

 

悪魔だ。コタツは悪魔だ。人を堕落させる。わたしが他の国を征服するなら、寒い地方ならまず先に大量のコタツを送り付けるだろう。そして腑抜けになった人々を一網打尽だ。

 

って、そんな事を考えてコタツで日記書いてるから、夕ご飯作るのもめんどくさくなってきた。恐るべし、コタツ。

 

嫌われる

すごく有難い事に齢40になるまで人にあからさまに嫌われていると感じる事がなかった。しかし私も人並みに人に嫌われる事ができたようだ。

 

課のお局様に目をつけられてしまった。で、初めての事にしてどう対処していいものやら、友2人に相談すると、それはその人にゴマすれなかった、ご機嫌をとれなかった私の落ち度であると指摘される。

 

知っている事も知らないように、でしゃばらず、その人のイエスマンに徹する。嫌でもそれはまわりまわって自分の為なのだから、というアドバイス。

 

すごく納得する。わたくしはそういう事にはとんと疎い。それは全然出来ていなかった。わたくしの至らなさにてお局に目をつけられたのか。

 

しかし色んな人の意見聞いてみようと、また別の友に相談すると、ゴマをすり自分の心に背いてイヤな事してまで生きてても全然楽しくない。そんな事するより私だったら1人ぼっちの方を選ぶ、という。

 

すごく納得する。課で浮いてしまってもいい。私は私の行いだけを見て、判断してくれる人にだけ認められればよいように思う。お局様が喧伝する私の悪口にたやすくのって私を判断してしまう人は、そこまでの人だ。人に流されやすく自分で判断できず、人の喧伝力に流されるままの人はそもそも信用できない。

 

信用できない人達にいい顔しても何の得にもならない。

 

友達の意見だけではダメだと、妹に聞く。妹は、めんどくさい人相手するのめんどくさくね?会社なんて仕事する所詮お金稼ぐ為の所なんだから、ゴマすってまで気を使うなんて馬鹿らしい。別にその人がおねーちゃんのクビを握ってるとかでもないし、無視するに限る。というご意見。

 

それで結果的にやはり私は潔く、ゴマをする事はやめた。人にはできない事とできる事がある。人など私を含め良いところちょっと、悪い所沢山だ。

 

私は自分が至らない事が十分わかっている。わかっているからこそお局様のように一方的に人を攻撃する事はどうしてもできない。そしてそういう一方的で信用ならない人にゴマをするという行為は命の危険がない限りできない。それで良いという事だ。

 

今回の事で意外に私には悩みを打ち明けられる存在が結構いるという事に安心した。人に興味無くて友達が少ない割には上出来の数ではなかろうかと思うのだ。

 

広告を非表示にする

頭の回転

双子が100円均一に連れてって、という。どうやら先日お年玉で100円均一で好きなものを沢山買えたのが楽しかったのだろう、ハマったらしい。

 

私もこの前子供達に卓上の鏡を割られたから100円均一で手に入れよう、と出かける。

 

双子はそれぞれ気に入ったのを500円分くらい買っている。安物買いの銭失い、そのものの図だが、まあ、これも社会勉強の一貫でしょ。

 

100円のおもちゃはすぐ壊れるからね、と次男坊には念を押して買うのを許可する。

 

家に帰って次男坊そのおもちゃですぐにお兄ちゃんと遊んでもらうが、30分もたたない内にプンプン怒りながら、兄ちゃんが乱暴に使うから、壊れてしまった!と言う。

 

あのね、言ったでしょ?100円のおもちゃはすぐ壊れるから、お兄ちゃんのせいじゃないよ。人のせいにしない。と言い聞かせる。

 

夕方友達と出かける用事にて早速100円で買った鏡にてピアスをはめながら子供達に、もうかーちゃんの鏡で遊ばないでね。何回壊されたかわからないんだから、と忠告する。

 

するとすかさず次男坊が返す。

 

かーちゃん100円で買った鏡なんてどーせすぐ壊れるんだから。人のせいにしない。

 

ぬぬぬ。次男坊よ、本当に君は惜しい。もう少しお勉強ができたら、返しの言葉がすぐに出てくるある意味頭の回転の早い能力をいかし、嘘とハッタリをかまし、社会や会社でのしあがっていけたかもしれない。

 

しかしなあ、こういうところ本当にわたくしのお父上に似ているなあ。たまに父上を育てているような気になるのは何故だろう…

広告を非表示にする