侘しい風の音

カイコくんがあんなに楽しみにしていた片思いの子とのネズミの国行きが見事にポシャリ、また次回にしようという話しになったらしい。そうなったいきさつを聞いて思わず、力いっぱい、ばっ、馬鹿じゃないの?!何でもっと押し強く行かなかったの?!と叫んでしまった。

 

いや、わかる。相手は彼氏持ちだし押し強くいけない気持ちも十分わかるが、カイコくんが有給までとって楽しみにしていたのに相手の気を伺い過ぎて行けなくなってしまった本人の気持ちが分かりすぎて悲し過ぎて思わず怒ってしまった。

 

そしてしみじみ相手の女の子の気持ちが分からなくなった。2人でバレンタインデー時期のネズミの国へ行くというのは最早友達と行く範疇を超えている。だから彼氏に悪く思ったのかもしれない、と正直にカイコくんにアドバイスするも、でもその日がいいと言ったのは向こうです、と言う。あ、だめだ女の子の気持ちわかんねえ…と2人で頭を抱える。

 

私だったら気のないヤツとはネズミの国へ2人で行かない。そして私はこっちに好意がありそうだなという人をキープする事は到底できないし、相手に気を持たせる事はしない。カイコくんの想い人は軽い気持ちで男友達と遊んでいるつもりなのだろうが、それなら行く場所を選別しなくてはならない。どうなのかどっちつがずで相手を悩ませるのはものごっつう罪だがや。その気持ちはない、とハッキリ伝えてあげればいいのに。

 

どうして想われている人は無神経なのだろう。こっちは少し微笑みかけられただけでも天国へ行くような気持ちなのにその微笑みさえ気まぐれなのだから。

 

そんなこんなでモヤモヤした気持ちを小顔ちゃんに話すと、でも女の子の気持ちもわかる、という。小顔ちゃんは韓国のアイドルにハマっていて推しメンが2人いるのだが、その2人に言い寄られて、彼氏がいてもいいから付き合って、と言われたら一生付き合う。と言うのだ。

 

なるほろ。目からウロコ。小顔ちゃんはいつも私の思いもよらない観点から話しをしてくれる。私だって例えばYくんが2人いてどちらもからすごく求められたら、どっちも断れないね。

 

つまり私がその女の子の気持ちを勝手にカイコくんへの態度は遊びなんじゃないかと(今の所その可能性の方が濃厚だが、本人には言えぬ…)思っているが実は私が2人のYくんに言い寄られている状況と同じならなんと辛い事だろう!!(実際は1人のYくんも振り向かせる事が出来なかったが!)

 

ああ、それは辛いだろな。どちらも好きだから手放せない。いや、どちらも許してくれるなどちらとも一生付き合いますよ。と推しメン2人に囲まれてすごす図を描いて小顔ちゃんがニヤニヤしている。まじで。顔を赤らめて。そうよ、そうね、と私も同意。

 

カイコくんの辛さが遠くにぶっ飛んでいった。ごめんね、カイコくん。私も君の想い人と一緒だわ…推しメン2人に押されたらどちらも手放せずにズルズル行くわ…

 

あー、昼からこの妄想だけで過ごせます!と小顔ちゃんが言う。うむり。たしかに。でも、なんだね、小顔ちゃん、うちらは妄想でしか2人のメンズの間で揺らぐ的な状況が作れないのに、かたやカイコくんの想い人のようにマジ揺らぐ乙女心を地で行く人もいるという真実にちょいと侘しい風が心に吹きよりますなあ…

広告を非表示にする

カッチーン!!

私は滅多ににイラッとしないタイプだが、昨日はカッチーン!!と来た。それでカッチーンと来たその人には人として敬意を払っても仕方ないな、なんせこっちを完全に下に見ているからな!

 

カッチョ様でさえ同じ目線になってこちらを扱ってくれるのに、なんだおまい!とカッチーンときた。

 

その人は出世欲丸出しのナルシスト、ミサワを地で行く態度デカシくん。本当に自分の有益になりそうな人物以外は虫けらのような扱いをする。それで私もたかたがパート上がりの契約社員虫けら同然だ。上司の目がある時はそうでもないが、お目付け役がいないとものすごく私は雑な扱いを受ける。しかし私は海のように心が広く、地球のマグマに届く程自己評価が低いので、まあ、私バカだからこんな扱い受けても仕方ないよね?と思っていた所がある。

 

〇〇さん、これ、定期便に忘れずにのせておいてよ、と態度デカシが態度でかく言う。はいはい、と思いその荷物を持とうとするとものすごく重い。これは無理だからパレットあそこにあるから持って行っといてね。明日出しておくから、と言うと、態度デカシ自分で持ってみて大丈夫大丈夫このくらい持てる、と言っている。わたくしは冗談で言ってるんだろうなー、と思ってそのまま持って行ってくれるモノと信じてそのままにしておいた。

 

しかし朝出張に行く前の態度デカシが、〇〇さん、忘れずにあれ出しておいてよ、〇〇主任に必ず乗せてと頼まれているんだから、と吐き捨てサッサっと出張に行ってしまった。

 

開いた口が塞がらないとはこの事だ。その仕事を頼まれたのはおまいだ。私ではない。そいでおまい、あたいは重くて持てねえからパレットの上に移動しておけ、と言うたゾ、こんな扱い受けるのが毎回でありなおかつ私だけでなかったならまだ腹の虫が踊り狂うくらいで済むが、おまいのその態度は上司がいたら、俺運んでおくよ、僕の仕事だ☆みたいなセリフを黙ってやればいいのにわざわざアピールしながらやるだろうし、なおかつ君の彼女のお母様であるあのパートさんや、性格がキツイあのパートさんにだったらゴマスリスリして、いいよ、このくらい男が運ばないとね、といい顔して運ぶのに、今、上司もいなくて私だけであった場合の私への扱いはそれなんすね!!差別があからさまなのも大概にしろー!!!っと腹の虫が腹を破って出てきてインド映画並に踊り狂いそうにブチ切れそうになったがもう本人はいない。

 

あかん。今まで我慢してきたがもう我慢できぬ。月曜から私は鏡になる。あっちがこっちを下に見て扱うなら鏡になってその態度で私も接しよう。

 

しかし私は恵まれている。課にこういう態度デカシのようなヤツがいるかと思えばカッチョ様やカイコくんのように誰に対しても平等な態度で同じ目線になって話してくれる人もいるのだ。そしてもっと恵まれている事に、態度デカシはハッキリ言って皆に嫌われている。態度を人にたいして変えるという事は人間として信頼できぬという事を堂々と自分から喧伝しているに他ならぬ。

 

ケッ。態度デカシ、そろそろ悔い改めないとマジ自分の為にならぬからなっっ!!まあ悔い改められない成長できない人間だと皆に見限られてる感はあるけどねっっ!!

 

 

広告を非表示にする

犬の顔がみえる

昨日次男坊に柴犬の柄の下着の事を指摘されて急に高校生の時の事を思い出した。私は年頃の女の子が女の子としての感情を学んで行く時に全くそういう事に興味がなかった為、オシャレをする、外見を磨くという事にほとんど無頓着であった。

 

下着は姉妹や従姉妹やお母様からのお下がりで十分であり、それどころか誰の下着でも頓着しないので、洗濯から返ってきたモノは自分の所に入っていたらおばあ様のパンツでさえ履いていた。他人のモノと自分のモノの区別さえついていなかったのだ。

 

それで貰い物の下着ばかり着けていたので、胸が豊かな従姉妹が小学生の時に着けていたジュニアブラなるものを全く何の疑問も抵抗もなく高校2年生でも着けていたのだ。

 

その日はバスケの部活でみんなでいっぱい頑張って暑い日でもあったので汗でTシャツもビッショリ濡れた。体にペッタリくっついて気持ち悪い。汗で下着も透けてしまっている。急に先輩の1人が私の胸元を見て不思議そうに聞いてくる。

 

ねえ?何か犬の顔みたいのが真ん中に見えるんだけど?これ何?と言うと先輩から後輩から同級生からバスケの仲間がワラワラと私の胸元を不思議そうに凝視する。私は一体何が不思議なのかわからずに、曇りなきマナコで、うん。犬だよ。ブラの真ん中に犬の絵が書いてあるんだよ。可愛いでしょ。というとみんながビックリしてまた胸元を見て一斉に大笑いしたのだ。

 

マー!!それジュニアブラじゃん!!そんなの小学生しかしてないって!!とゲラゲラと腹を抱えてみんな笑うのだ。私は何がそんなに笑えるのかわからず、ただただ恥ずかしかっただけ。ぶっちゃけ可愛いワンコの顔も耳も愛らしくすごくお気に入りの下着だったので、みんながそういう下着を着けていない事に逆に驚いたのだ。

 

同じような事も数年前にあった。流石に結婚してからは、お下がりの下着ではなく自分で下着を買ってはいたがものごっつい安い下着で、キラキラとした下着売り場には気後れして近付ける事ができずにいたので、相変わらず世間の女人の下着の動向を全くキャッチする事なく生きていた。

 

パートさん達とご飯を食べていて、ある男の子が彼女の下着がセットモノじゃなかったのでその力の抜け加減で俺の事好きじゃないのかも、と思ったという話を聞いたけど、私笑っちゃった!下着なんてセットで買う人なんていないでしょ~(笑)と私が爆笑して言うとその場にいたみんながキョトンとして言う。

 

え?下着ってほとんどセットで買わない?私もセットで買うよ。私も私も。的な会話になるではないかっっっ。

 

顔から火が出る。そ、そういうものだったのかっっ!!みんなどこでそんな知識を身につけたのだ!!

 

その週に慌ててきらびやかな下着売り場に初めて下着を買おうと足を踏みいれて驚愕する。下着のセットはなんつーお高いのだ!!数百円のパンツを履きほとんどママのお下がりのユニ〇ロブラを着けていた私にはとても手が出せぬ。

 

ああ、何と女人は大変な生き物なのだ。私は化粧もしないしヒールも履かずかなり女人をおサボり申し上げているがいよいよ本当にこんなお高い下着のセットを身につけなればいけない事を考えると本気で女人をやめたくなってきた。

 

しかし笑われないよう、温泉用にでも数枚は買うべし、と2セットくらいを数年の内に奮発して買っておいたが、マジ温泉行く時しか使わない。

 

女人って本当に大変だ。でも下界のお友達は私の中身と外見がジュニアブラで十分な事をよく知っているのでプレゼントしてくれる下着は女人ギラギラしていない。

 

高校生の時に笑われた可愛いわんちゃんの下着と同じわんちゃんの下着はお気に入りだ。今まで女人をおサボり申し上げていたのだ。今更勤しんでも仕方が無い。このままおサボり申し上げよう。

 

 

広告を非表示にする

柴犬がいる

久しぶりに次男坊とお風呂に入る。脱衣場で何か次男坊が言っている。柴犬だよ柴犬がいるよ、かーちゃん。と言う。は?何が柴犬なの?と聞くと、かーちゃんの控えめなモノを包んでいるモノが柴犬だ。と言う。

 

今年に入って下界の友達に誕生日プレゼントに柴犬が描かれた下着のセットをもらったのだった。それしにても次男坊の口の達者なのには下を巻く。かーちゃんの控えめなモノって…好きで控えめにしたんじゃないわい。

 

私だってそこはホモサピエンスの発情期を迎えたメスとしてオスにアピールすべく大きくしたかったところだが、どうした事か大きくならなかったのだ。

 

次男坊は口が達者な所は我が父上に似たのであろーが、見ていて、ねえ?おバカさんなの?とツッコミたくなる所が私に似ている。

 

この前などクッキーをオーブンで焼いていて、急に美味しそう!と走り寄ってきたかとおもったらあろう事かガバッとオーブンを開けて中に手を突っ込みクッキーを食べようとしたのだ。うわー!!と私が叫んで、何してるの?!火傷するよ!!と叱ったのでスネスネ拗ねてしまった。

 

小学5年生にしてあまりにも行動が幼すぎる。オーブンが熱いくらい赤ちゃんじゃないんだから分かるでしょ?と言い聞かせると、そんなの気が付く訳ない!と睨みを効かせて言い返すではないか。

 

あのねえ、君はあまりにも周りを見ていなさ過ぎる。目的のモノがあると後先も考えず周囲もよく見ずに突進していくから、よくコップは倒すしモノにぶつかるし、もっと慎重にならないと!と叱っている最中にも、あれ?これ私の事じゃない?か?と苦笑。

 

私も猪突猛進タイプだ。少々怪我しても近道を通りたいし、大分怪我しても絶対に目的地に辿り着きたい。安全を確かめ下準備を入念にし出発する人よりも目的地にたどり着くのは早いかもしれないが、そのかわり血だらけだろう。見たいものは見たい行きたいものは行きたい、今すぐに!

 

母親である私がまだ猪突猛進を治す事ができないのに、何故にまだ11歳の次男坊が治す事ができようか。

 

ああ、猪突猛進型の自分の性格が今うずく件がある。会社絡みで行きたい展示会があるのだ。私にもメールが来ていたけど、正社員じゃなければダメだろうが。正社員になりたいのにはそういう面白そうな展示会に行きたいという理由も少なからずある。

 

正社員になってから行けばいいだろうが、なれるか分からないし、なれたとしてもそれまで待てない。今私は行きたい今すぐ行きたい会社の金で(←おい)。イノシシの血が騒ぐ~イッシシノッシシ~黒子があるのはどっちち~。

 

どうせならカッチョ様と行きたいな。技術畑から来た人だから展示会に行ったら色々教えてもらえそう。カッチョ様が行くなら、私もダメですかね~スリスリすりりん。とすり寄ってごますって連れて行ってもらおう。

 

そうだ。次男坊よ。クッキーが食べたければ火傷してもオーブンに手を突っ込みたくなるもんだ。母もそういうタイプだもん。火傷するのが怖くてクッキーが食べられるか!(まあフツー火傷する覚悟なくても食べられるけど…)でもせめて頭は使って箸とかで取ろうとして欲しかった。それすら考えが浮かばないそのおバカさんぶりが自分を見るようで痛々しいのだ。

広告を非表示にする

白鷺、白いな。

海向こうから来た実習生タヌキちゃんに仕事を教えているが、システムも私より使えるし、早いしで何もやってもらう事がない。本当に日本語だけ教えておけばよいくらいだが、その日本語も話すのに少し自信がないくらいで、こちらの言っている意味は全て理解していくれる。

 

急いで落とした翻訳アプリを開く必要なく意思の疎通ができる。それで教える仕事がなくて教える仕事を探すのが私の仕事になっている。雑用みたいな仕事しかなくて申し訳ないし。こちらの寒さで体調を崩して先週は休みがちだったけど今日も青白い顔しながら頑張っている。ええ子やな。心細かろうが1年耐えてくれ。

 

体調の悪いタヌキちゃんを連れてビュービューと吹き降ろす北風の中工場へ連れていくのも可哀想なのでタヌキちゃんに別の仕事を託して工場へ歩いて行く。これはあれか北風と太陽が私の上着を脱がせる賭けでもやっとんのか、おらあ、と叫びたくなるくらいビュービューと風が吹いてくる。ここで太陽がぬくぬく暖めてくれたら上着どころか裸で踊り狂ってもいいから、太陽カモン!お前に勝ちをやるからカモーン!!と叫びたいところ、上空を鴨でなくて綺麗な白鷺が飛んできて工場に留まる。

 

ほえ~本当に何で外で暮らしているのに白鷺はあんな真っ白なままでいられるのか。私が白いセーターやシャツでずっと過ごしたらすぐに黒ずみ毛玉だらけになるぞよ、室内だけでも。白鷺さんは青空に白い羽がキラキラ輝いて本当に美しい。ぼへ~と上ばかり見て歩いているものだから向こうから歩いてくる人も同じように上を向いて白鷺に気がついたようだ。何だか恥ずかしい。何こやつ白鷺を珍しくもないのにボンヤリ見てるのか、物好きだな、と思われないかと自意識過剰になって慌てて工場へ入る。

 

工場へ入って仕事を終わらせて事務所に帰る時に青白い顔したパスタくんに会う。久しぶりに見る月曜日によくする不機嫌な顔したパスタくんだ。同じ課の時にはこの機嫌の乱高下に最初戸惑ったものだが慣れると本当に仕事が嫌なだけなんだな、というクソな理由に気がついて笑えた。今日のパスタくんは顔の割にはフツーの機嫌のようだ。

 

仕事の分からない事を聞いてから、パスタくんの持っているノートに気が付き、何が書いてあるの?仕事のどんな事?と聞くと見せれませんと言う。何?南国の生くさ坊主にでもなりたいって書いてあるの?と聞くと、なりたいですよ南国の生くさ坊主に。と言う。課が変わっても中身はやっぱり仕事大嫌いなんだな。笑える。

 

しかし妹の友達のお父さんも定年退職するまで日曜日の夜になると、あ〜明日仕事行きたくない、と呟いていたそうだから仕事行きたくない気持ちはどんな環境になってもブレない強い真実の想いなのだな。白鷺の羽のように真っ白なウソ偽りのない真の気持ち。そう考えると仕事嫌い、という気持ちが美しい気持ちに思えてきたな…

広告を非表示にする

ホイホイ

小顔ちゃんと話していて、小顔ちゃんは31歳まで男の人とお付き合いした事がなく、片思いの子に振られた経験しかない、好きな人と2人でお出かけした事ないと言う。冷静に考えると私も結婚し子持ちと言えども好きな人とお出かけなどした事がない。

 

この場合の好きな人は自分から好きになり、この人しかいないと思った程好きな人の好きな人と言う意味だ。少なからずお付き合いしたメンズもダンナ・ハーンも好きと言われて好きになれそうだな、と思ってお付き合いし始めた。だからそれなりに楽しかったし、楽しいけど本当に好きで好きでたまらない人と2人でお出かけなんてどんな感じだろう。想像を絶する楽しさではなかろーか。

 

小顔ちゃんも私も頭の中身が中学生程度の恋愛感から成長していない。私達はホストにハマるよ、と私が急に突拍子もない事を言うので小顔ちゃんが驚く。えー?!そうですかね?!

 

当たり前だ。あいつらプロだよ。ウチら脳内中学生(私に至っては小学生どまり)組が、女を落とすプロの手にかかったらひとたまりもないよ。

 

本当にそうですかね?試しに行ってみたいですね?行ってみます?と小顔ちゃんが言う。それはとても危険な事だよ。イケナイクスリと何ら変わりがないから1回ポッキリでもうちらハマってしまう危険性が高いから手を出すべきではないよね、と言うと小顔ちゃんも激しく同意してくれる。

 

でも本当に危険なのは奴ら(ホスト)ではない。奴らは決まった場所でゴキを待ち受けているゴキブリホイホイみたいなもんだ。近寄らなければあっちからは寄ってこない。本当に怖いのはフツーのメンズの顔をして中身が天然ホストみたいな奴だ。そんなのに遭遇したらひとたまりもない。

 

しかしここで重要な事に気が付く。ホストは金を出させるタメにこっちを落としにかかるのだ。フツーの顔した天然ホストのような中身のメンズが小顔ちゃんはともかく私を落としにかかるメリットが一切見つけられない。

 

よかった。何か虚しいがとにかくホイホイに自ら近付かなければホイホイされない事実に安堵する。

 

しかし懲りずに小顔ちゃんも私も中身が中学生並の恋する乙女らしく、いつか好きな人と2人でドキドキしながらデートしたいよね、楽しいよね、って31と41が話す内容でないイタイ会話がとまらない。

 

しかし女人なんてみんな同じだ。ジャニーズにハマったり韓流にハマったり私はYくんにいつまでもハマってたりして一生何か手の届かない所でココロトキメイテいたいのだ。

広告を非表示にする

クソ&クソ

夕ご飯時大体紛争がいつ勃発してもおかしくないような時があるかと思うと3人きょうだいキャッキャと仲良くふざけて楽しそうな時もある。うちの子供達は仲のよい方だろう。

 

今夜はかーちゃんの子供の頃の話になった。私は自慢じゃないが、いや、本当に自慢じゃないが姿カタチは女の子でも、中身は男の子のようだった。虫取り大好き、野山大好き、今じゃ想像出来ないクソガキぶりだったと言うとすかさず次男坊が、今もでしょ、とするどいツッコミを入れてくる。

 

うむ。まあたしかに中身はたいして成長してないな。でも歳はしっかりとっている。バナナくんが、大学3年生なんてもう大分前だ、という話をするので、え?何年前なの?と聞くともう4年前だ、とのたまう。

 

うん?もう?ってつけた?もう4年前?ちゃうだろ!!まだ4年前でそ!!私が21歳だった時は20年前だぞ!!腰が抜けたわ。

 

カイコくんと常からタメ口で話されて仕事していると年齢を忘れるがカイコくんとも14歳も離れているのだ。優秀くんとも10年離れている。それなのに何故に私の扱いはタメ口なのだろう。

 

それはきっと私の中にあるクソガキな部分をかぎわけてるのかもしれないな。まあ、敬語で話されるより気が楽だけど。

 

敬語と言えばパスタくんとはカイコくんや優秀くんよりもはるかに長く一緒に仕事をしたし、共通の友人を通じて遊んでそれなりに親しくしているつもりだが、未だにしっかり敬語なのだ。

 

そういう所に育ちの良さを感じる。ぶっちゃけカイコくんや優秀くんには私と同じクソガキだった時の育ちの悪さを感じる。雑に育てられてる感。まあ彼ら私と違って頭の中身はクソが付くほどよろしいから、私だけが本当にクソ&クソなんだろな。

広告を非表示にする