読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥の一生

山のように溜まった仕事を月末までに終わらせなければならないが、計算苦手なわたくしが何回頭で計算してみても、あと3日×7時間では終わらず、では3時間残業して行った場合で計算してみても終わらず、4時間残業していく計算でも終わらない。

 

焦る。焦るからヒナタさんが間違えた作業(誰でも間違えるような事だからヒナタさんは責められまい…)を月曜日までに修正させて一つでも減らしておこうとせっせっとやる。

 

しかしシステムにお断りされる。だめね、入ってるからそれは入れれましゃえん、ってシステムが言う。私はガガン!と来る。そんな!古いシステムはそんな切ない事言わなかったわよ!!ぶー。わたしをあんな旧世代のジジイと一緒にしないで、って新しいシステムが高飛車に言う。

 

そうだ、きっとこのシステムは物凄い頭の切れる美人だろう。わたしの知人は美人は性格が悪いと思っているから、本当に美人にあって性格が悪いと嬉しくなる、と言っていた。という事は私は今、知人が喜ぶ美人と格闘している事になる。

 

とにかくだ、傷口を余計に広げてしまった。月曜日の仕事を減らすべくの努力が裏目に出て倍増した感がある。どうしよう。泣ける。出張から帰ってきたホンワカ係長に事のあらましを泣きそうに説明し、月曜にどうするか決めましょうとなって帰路につく。

 

しかしホンワカ係長はいつも出張となると濃いグレーのシャツを着ていくが、ボPも言っていたが昭和感溢れているな。何というかブイシネマっぽい。カッチョ様は自分のスタイルの良さが分かっているし、オシャレさんなので爽やかな薄い色のシャツだった。

 

しかし自分がかっこよく見えるシャツを選ぶ50のおじさんと、誰にどう思われても流行りを気にしないシャツを毎回来てくる40半ばのおじさんと、どちらがイタイだろうか。

 

私はインプラントをして白い歯をびかーっとさせてるおじさんを見ると少し引く。何だか何だかそこまでの何に対する執念かわからないけど、年相応に弱まっていくハズの執着がそこまであるのか、しゅごい。白い歯を輝かせているおじさんはきっとスケベだと、知人が美人が性格が悪いと思うように私は思い込んじゃってる。

 

朝起きてメダカの水槽をのぞく。か、かわいい。子メダカがいっぱい生まれてる。白い子は少なくてほとんど真っ黒な子ばかりだけど、みんなヒヨヒヨ泳いで可愛さMAX。いつまでも覗いているので蚊の餌食になった。

 

ついでに(?)ツバメの巣からタマゴを失敬してライトで中をのぞく。おお!血管が!いっぱい走ってる!生きてるなあ。早く雛の姿見たいなあ。明日も覗いてみよう。先週は2個だけだったけど、今週は5個もタマゴが生まれてる。

 

夕飯に丸焼きチキンを持ってきてくれた妹に、ツバメのタマゴの血管ハリハリしてるの見る?見たい?見せてあげる!とグイグイい言い寄るも、そんなの見たくない、とアッサリ言われる。ふーむ。不思議だな。興味ないのかな?

 

庭先のツバメを生暖かい目で見守り、室内の雀を溺愛し、チキンの丸焼きにかぶりつく。不思議だなあ。みんな同じ鳥なのにこんなに人生が…鳥生が違うのか。

 

しかしこのチキン、安くておいしいな。安くて美味しいは、正義でしかない。

広告を非表示にする

脳保存代

家の軒先にツバメが巣をかけたけど、すぐに猫に壊されてしまった。…のに、めげずにまたツバメが巣をサッサっと作ってしまった。

 

去年2回目の子育て中にヒナを猫に全て食べられてしまった事を覚えていないのだろうか?ま、覚えていないから作ったのだろうけど。

 

残業が立て込みフツーにホームセンターが開いている時間に帰れやしないので猫避けのツンツン尖ったシート?を買ってこれない。猫の肉球にツンツンするあれさえあればツバメは助かる。

 

しかし買ってくる時間がないので竹箒を柱に立てかけておいた。柱によじ登ってツバメの巣を壊すのを防ぐのだ。竹箒のツンツンした感じが猫さまもお嫌らしい。

 

わたくしもホウキが1度人差し指の爪の下にグッサリ刺さった事があり、あまりの痛さにこんな事やってられるか!と掃除のホウキ係を放棄して、ホウキを片手にみんなで蜂起した。掃除の時間を減らせー!!と。

 

という下らない事を書いても拉致があかない。本当に蜂起したいのは会社でだ。

 

おーい!!正社員にしちくりー!!おいら、家事育児苦手なんで、せめて子供の為にお金をせっせっと稼ぎたいです。

 

本音を一字一句漏らさず書くと、子供の為に(と、言いつつ英語塾通わせ進学塾に叩き込んで、頭脳明晰になってもらいゆくゆくは一流企業でガッポガッポ稼いでもらって、老後は海外でのんびり暮らせるくらいは、親孝行してくれるだろうと親のエッゴエゴで子供を育てているんですから、)正社員お願いしまーす!

 

そんなこんなで、(どんなこんなや)ツバメがタマゴを産んだようなので、親鳥がいないうちに巣から出して小さなライトで中の様子を透かして見る。

 

なんだ、まだ黄身が見えるだけだな。ヒナの形がわかるようになるまでたまにタマゴを失敬して見てみよう。

 

鳥はエゴで子供を育てはしないな。純粋に次の世代に遺伝子を運ぶ為の子育てだ。老後を見てもらおうなどと考えてはいまい。

 

そうなると人間は老後が長すぎる。繁殖活動期を過ぎたらほとんど生物としては用無しなのに何故にこんなに老後が長いのだ。

 

聞くところによると、死んだ後まで脳を保存していつか科学が進んだ暁には生き返らせてもらおう的なビジネスもあるとかないとか。

 

はー、すごい人達もいるもんだ。わたくしの脳は生き返らせてもらっても明日の地球の為にも人類の進歩にも何にもお役にたてない。

 

いやいや待てよ。モノは考えようだ。未来はきっと今より人間は遺伝的に管理されて、優秀な人間しか生まれないようになっているかもしれない。

 

その中に突如生き返った旧世代のグータラ人類の見本のようなわたくしが、優秀な人間にグータラとはなんぞや、ひいてはグータラする事の大切さを身をもって示すのだ。

 

いけない。やっぱり正社員にならなければ未来にてグータラ教祖様と讃えられる機会を手に入れるだけの脳保存代が稼げぬではないかっっ!

 

脳保存代を稼ぐ為明日もお仕事頑張ろ。

 

広告を非表示にする

ったたーん!!

5月になったらヒマになるかと思いきや、重い木屋、尾も胃気矢、漢字も違うが私の見当も違ったようだ。

 

クッソ忙しい。忙しいとは言いたくないが忙しい。キーボード、ったたーん!!ドヤっ!てやりたい訳じゃないけどとりあえずキーボードをへし折りたいくらいは忙しい。

 

それで冷静に何故にこんなに忙しいのか分析してみた。うちの課は正社員とパートとしっかり仕事が分けられている。

 

正社員は納期管理発注見積依頼見積回答その他、で、パートや請負は事務処理的仕事。わたくしも事務処理的な仕事をしていればいいところ、正社員がするような仕事もらっている。

 

だから納期管理発注見積依頼見積回答&事務処理&海向こうからの発注製品送付、うん。書いてて思ったけど何かムカついてきた。

 

わちき…何でこんなに仕事投げられてるんだろ。それでデータ整理などはパートには任せられない、なんてカッチョ様の態度も腹立たしい。

 

パートに任せられないデータの整理を正社員がちゃんとしてくれないから、私の担当の発注データがめちゃくちゃなんじゃないですか。

 

わちきが発注するのにどうしてわちきがデータの管理しちゃいけないんだよ!他の正社員は自分の発注するデータは自分で管理できるのに!差別だ。

 

何かというと正社員が正社員が、正社員がやる仕事なんで、って言うが責任を持ってやってくれる正社員がいないから、今!私は!こんなにめちゃくちゃなデータと格闘して発注してんだよ!

 

はあはあ。落ち着け、私。

 

とにかく雀のピエ蔵の副鼻腔炎の薬をどんなに疲れていても飲ませなくては。

 

ああ、ピエ蔵…薬を飲みたくなくてめっちゃ首振って薬を飛ばすからわたしのお口に入って、雀の薬を私が飲むハメになってるよ…

 

苦い。でもピエ蔵かわいい。

 

しかし、な、感じないようにしてたけど、5月になったら正社員が少し余裕が出てきてだね、それに反比例してわちきのようなパートが忙しくなるって何かさ、もうね、笑うしかないね。アッハハハ!ふん。笑ってやった。

広告を非表示にする

1週間日記

5月7日。GW最終日。雀のピエ蔵が目を痒がるので心配で気が気じゃなく、日曜日やっている鳥専門医がいる病院へ駆け込む。人の親となって早12年あまり経つが子供の怪我や病気で青ざめて病院へ駆け込んだ事などないのに、雀を育てて初めて親らしい行動を覚えた。

 

しかし気が引ける。野鳥のヒナを拾わないで!近くに親鳥がいます!的な貼り紙がベタベタ貼ってある動物病院にヒナから拾って1年育てた雀を持っていくのは、いくら心臓に毛が生えている私でも気まずさで心臓の毛が1本くらい抜けそうだ。

 

医者には聞かれてもいないのに、ピエ蔵は保護しなければ生きていけれない小ささだった!とアピールをしておいた。

 

しかしあれだな、最近の犬は口臭も気にするのか。口臭予防のガムの宣伝がやっている。なんだろ、この敗北感は。手足の脱毛処理をしている青年を見た時のような敗北感。あの時は青年と比べて女子力の無ささに敗北感を味わったが、今回は犬さえ気にする口臭を曲がりなりにも社会生活を営むホモサピエンスとしての誇りも忘れて気にもしていなかった自分を恥じる。帰りにガム買っていこう。うん。

 

5月8日。会社。マジで金持ちになって働きたくないと、朝学校行きたくない、と玄関で靴を履くまで渋っていた次男のように私も会社のパソコンを立ち上げる瞬間までそう思っていた。しかしパソコンを立ち上げてからは腹を決めた。よし、仕事しよう。

 

向かい側のパスタくんなど1日中、よし、仕事しよう、という気にならない感じで仕事しているから、逆に感心する。よくそんなにやる気ないのに仕事が出来るな。私、きっとあのやる気の無さだったらもう会社辞めてる。そこがパスタくんは凄い。やる気ないのに仕事をこなすその能力はある意味才能だ。スタンド使いだ。

 

5月9日。5月になったらヒマになるぜ!あはは!と浮かれトンチキになっていたが、ヒマになるからと新しく割り当てられた業務がこれがどうした問い合わせの多い事多い事。舐めてたは。完全に。ぺろぺろ舐めてた。それに4月中にセーブされていた海外便をバンバン出さなけれは行けない。これこそ貧乏ヒマなし。

 

だけど私は心も貧乏だから、くっそ!こんなん出来んと思われたくないぜ!という貧しいプライドから1人でやっちゃる!やっちゃるぜ!と俄然いそいそ仕事に勤しむ。ホントにせかせか貧しい奴だと、自分でも思うがこればっかりは貧乏性だからどうしようもない。

 

5月10…って1週間書くと長くなるな。大体ホントは子供の部活の育成会の悪口を心貧しくたっぷり書くつもりであったが、そうなると育成会の矛盾について、または集団に馴染めないマイノリティにたいして学校というシステムがそもそも想定していない事への不満について、など、クッソくだらないレポートを10000枚くらい提出しそうになる勢いで日記を埋め尽くしそうになるからやめておいた。

 

しかし今日は思い出したが東尋坊へ行った事を楽しく思い出して書こうとしたのに、あれだな、人間って楽しい事より不安や不満や嫌なことほど淀みなく表現できるから、素晴らしい生き物だな。

 

口臭気にしないでいたくらいでは、まだまだお犬様には負けないくらいは、素晴らしく奥深い生き物ぞよ。

 

 

広告を非表示にする

とーきまつり

陶器祭りに姉妹で出かける。子供達は実家に預けてルンルン。現地に着くとわたくしだけ単独行動。姉と妹は一緒にお買い物。

 

3人で行動していても私がフラフラ何処かへ行ってしまうので最初から別行動しておいた方がお互いの精神衛生上大変よろしい。

 

私は自分でもどうしていたか皆目思い出せないけど、高校までどうやってあの軍隊のような集団行動をこなしていたのだろう…と不思議に思う。

 

今日は丼とご飯茶碗を買うぞ!と意気込んで来た。そして意気込み通り3個で500円の丼と3個で500円のご飯茶碗をゲットした。後から姉妹に指摘されたけど。家族5人なのに3個じゃ足りないからそこはもう500円出して1個余分の6個買っておこうよ、と。

 

しかしだね、私のようにあまりに選択が多いと何を選んで良いものか迷いに迷う性格の人が、あと3個あの中から選ばなけれならないとなったら文字通り日が暮れる。今まで丼が無くて不便でもうどんやラーメンを食べれていたのだから、0から3個になっただけでもかなり不便が解消されるであろう。という理由から3個で充分という結果に至ったのだ。

 

でも、やっぱり人数分ないと不便だな。来年また来よう。それまでにまた丼が割れてしまいまた3個で500円なるものを買ってしまって永遠に家族分丼が揃わないような気がするが。

 

さっさっと近所のお店で丼くらい買ってこればよいが、選択が少ないとそれはそれでまた悩む。これでいいのか、本当にいいのか、明日にはこれよりいい丼がどこかに落ちているかもしれない…という理由から大体買えずに1年くらいは余裕で時が経つから、おそらく丼を買うのはやっぱりまた1年後の陶器祭りでしょう。

 

帰りはどうしてもコンビニのアイスが食べたい私の要求に応えてもらい、姉妹でコンビニに寄りアイス?というかフラッペ?を食す。ああ、幸せ。

 

今日はいい天気だった。いいお出かけ日和。お休みがあと少しになって来た事が悲しい。夕方に若葉の匂いのたっぷりする田舎道を散歩する。うう。いい匂い。自然の匂い。

 

猿が神社の賽銭箱の隣に座しているのを追いかけて、高台から向かいの山の若葉いっぱいの景色を見ていたら何だか泣けてきた。

 

働きたくね〜!!ハンモックでこの若葉の中ユラユラ揺れてグーグー日がな1日寝ている生活を年がら年中続けた〜い!!

 

叫んでも田舎なので、山しか雄叫びを聞かれないのでマジで叫んでしまったわい。

 

広告を非表示にする

ゲームが苦手なフレンズ

新しいゲームを買ってから1ヵ月あまり、子供達に実質ゲームを占有されていたが、私も仕事がおヒマになってきたし、GWになった事もあり久しぶりに自分でもやり始める事にした。

 

やり始めると監視員(子供達)がビッタリと私に張り付いて監視を始める。とにかく私は操作がド下手だ。3人の監視員達はそれぞれみんな違う感じでイライラし始める。もどかし過ぎるのであろう。

 

そんなんじゃ3万年経ってもゲームが終われない、かーちゃんじゃその謎は解ける訳ないから、そこは入るな、入るなっつてんのに、入ったの!もう!何やってるの?!かーちゃんこうすればいいんだから、ちょっと貸しなよ…等、頼んでないのに、要らぬアドバイスをしてくる。その内とうとうイライラが高じて3人でケンカがはじまる。

 

うるさーい!!2階に行って早く寝なさーい!!と子供達を追い払い、ゲームをやめる。

 

これからは子供達の前ではゲームをやらないでおこう。私のゲームが下手すぎる事が子供達のケンカの火種になるとは。

 

そんなこんなで静かになった深夜ゲームを始めると、ソファで見ていたダンナ・ハーンが同じように私のゲーム操作の下手さにイライラし始めた。

 

そんなんだから、子供達にキレられるんだぞ!とイライラしながら言うではないか。

 

く、クソ〜!!知らなかった!私にこんなスキルというかスタンドがあったなんて!!

 

私がゲームをするとそれを見ている人すべてをイライラさせる力があるなんて!

 

許してくれよ。ゲームの苦手なフレンズなんだよ、サーバルちゃんなら笑って許してくれるよ(涙)、とアニメのキャラにさえ泣きつきたい悲しさ。

 

粘って1時間程やったけど、結局やる前より持っている道具が減っただけで何も進まなかった所か、道具減っちゃったから後退したと行っても過言じゃない。

 

あ〜あ。どうして私のリンクはこんなに薄着なの?いつになったら子供達のようにカッコイイ装備して馬に乗って走れるようになるんだろう。

 

これからは子供達もハーンも寝静まった時にコッソリ隠れて地道にやるしかあるまい。自分のゲームで自分の家なのにコソ泥のようにゲームをやらなければならないとは…悲しきことよ。

いきいきと毒舌

実家の面々に言われて草抜きのボランティア行く。来い、と言われていた時間よりもはるかに遅く到着。その姿を妹にすぐにみつかる。

 

おいおい、遅れて来た上にその格好、何処か出かけるの?なんでスカート?草抜きに何故にスカート?それから草抜きだって言ってるのに軍手とか草刈り道具とか何一つ持たずに来る人なんて、今からほら、ここで作業してる人すべて見てきてもみつからないよ、希少種。おねーちゃんがこの前買った蟻みたいに誰でも持ってる最早アリなカバンとは違って誰1人そんなスカート履いた格好で草抜きする人いないよ?

 

すごいなあ、感心する。この淀みなく滑らかに間髪おかずにマシンガンのように人の事をつつく言葉が出てくる妹の才能に心底感心する。わたくしもね、人よりはその才能に恵まれて?いるけど、なかなか妹の毒舌には勝てない。

 

そして私はこの妹や父の毒舌に慣れているので、家族=愛情=毒舌と結びついているので、毒舌こそ愛と思っている感がある。

 

しかし世の中にはこの毒舌を受け入れ難い傷つきやすい人達の方が格段に多いので、友達や知り合いには愛(毒舌)を出していい人悪い人とちゃんと見分けを付けなければいけない。

 

有難い事に私の姉が毒舌受け入れ難いタイプであったので、家族の中でもちゃんと使い分けしていたのだ。毒舌通用する人としない人。使い分け。何かカッコイイな。バイリンガルみたい。母国が違う両親にそれぞれの言葉で話しかける子供みたい。

 

しかし毒舌は言って見れば真実そのものなのである。人は真実を指摘されると何故か気分を害する生き物らしい。つまり人はなんやかんや自分を騙して誤魔化して生きているので、それに気が付き認めてしまうと自分を否定する事になるので、そうではないと怒る事により自分を守っているという事になる。その点私は真実を言われると嬉しくなるから、あれだな、マゾなんだな、きっと。

 

ボランティアのご褒美のパンとジュースが配られるとなると、たいして草を地球から引き離してもいないのに喜んでいそいそと貰いに行く姿を妹にまた図々しい奴だと突っ込まれる。まあね。たしかに図々しい。

 

ちょっと家に帰って用事済ませてから実家に子供達迎えに行くから、と実家の面々に子供達を託して家に帰り、グーグー昼寝をしてちょっとどころか実家に子供達をみていてもらった後に実家に行く。そしてお出かけに行った妹の部屋に忍びこみ、妹のポテコを喰らい、妹のベットでまたもやグーグー夕方寝して、夕飯までご馳走になって家に帰る。

 

ほんとうに図々しい。妹に毒舌を浴びせられても仕方のない図々しさっぷり。しかし妹が淀みなくイキイキと毒舌を吐けるように、ツッコミどころをつくりながら、やりたい放題やってあげるのが、姉としての妹へしてあげられる唯一の事なのだ。

 

私って妹思いだな〜。涙がでるね。

広告を非表示にする