やっと会えた~

博物館の企画展の無料券がもらえたので猿の群れ(子供達とその友達)を連れて出かけることにした。出かける前から早く帰ろう、とのたまっているがそこは無視を決め込む。

 

この博物館はわたくしが小さい時からずっとそこにあって両親に連れられて行った記憶や小学校の野外学習時には何度も行ったのだけど、いつ行っても楽しい。今日は企画展が目当てだが、猿達は常設展示の方の動物の剥製などはまあまあ楽しんでくれていたが、企画展の展示室に入ったらまったく興味がないらしく、休憩用の椅子に直行し、猿らしくキャッキャッキーキーしている。あまり長居は出来ぬな…迷惑でしかない。

 

という事で興味はあるがはっしょって見るしかない。刀、綺麗だな。私は刀に興味はさほどないがそれでも美しさに惚れ惚れするがな。あまりに切れ味が良さそうなので、切られた事を考えてゾッとするけど。だから私は包丁を研がない。不器用なのでめちゃくちゃ今でも包丁の刃が指にあたる。その時に切れ味が良いと流血ごとだ。だからちょっと当たったくらいじゃ切れない包丁を愛用している。

 

刀はその点切れなきゃいけない。でも私のような不器用な人もいたんじゃない?鞘から刀を抜く時にスッパリ自分の指も切らかしちゃうおバカさんが。いないか。いや、いたかもしれない。いたけどその不器用さで天寿を全うすることなくスッパリ短命であらせられたのであろう。

 

一つの刀の前で女の人が、やっと会えた~と感慨深げに言っている。なにやら刀剣女子とやらがおりなすって、刀剣に例えられたイケメンを愛するあまり刀そのものに愛を注いでいる人達らしい。素晴らしいではないか。人だろが、刀だろうが、やっと会えたね、って思える会いたいものがあるのは素晴らしい事ではないか。

 

思わずその女の子に、会えて良かったね、と声を掛けそうになってしまったがや。そういう気持ちはよくわかる。私も昨日お目当てのバンドのライブに行ったが、いつもやっと会える~と思うものだ。

 

昨日なんて小さいライブ会場だから、ボーカルの人とも私の推しのギターの人ともめちゃくちゃ目が合った。絶対目が合った。すいません。そう思わせて下さい。

 

おまけに昨日はギターの人が本家のバンドでは見せない笑顔&お声を聞かせてくれた。何その可愛い笑顔。このバンドの曲はほとんど全てギターの人が作っている。職人基質の恥ずかしがり屋さんな感じがまたいい。

 

やっと会えたー、って思えるものがあるのは良い事。

 

飽きた猿達に引っ張られて博物館を後にしたが、やっぱり東京さにある国立博物館。あそこにもう1回行きたくなったわ。もう少し時間とお金に余裕が出来たら、やっとこさ会いに行ってみよう。いっぱい会いたいものこれから作ろ。人間あんまり苦手だから、会いたい人より会いたいもの会いたい場所の方が遥かに多いような気がする。

 

でも、モノも場所も人間のように裏切らないし、差別しないからな。いつでも快く待っていてくれるような気がする。

 

それほど愛してないけど…

派遣さんに仕事の引き継ぎをしているのだが、引き継ぎ期間1ヵ月で引き継ぎをカッチョ様から仰せつかった。ハッキリ言って工数的にかなりキツイがガンバロ!と思っていたが、やってきた派遣さんが54歳のパソコンの操作を1から教えないといけない女性の方だった。

 

いやさ…無理っす。絶対1ヵ月じゃ無理っす。そして本人も思った以上の仕事の量と結構責任のある仕事が多いので、教えるたびに、え?!私がこれやるんですか?(派遣会社から)聞いてないです!と言うのだ。ホンットにに派遣会社くらいいい加減な奴らもおらぬ。

 

あやつら競合している派遣会社よりも1人でも多く派遣させたいものだから、本人には軽い事務ですよと吹き込み、こちらには、パソコンの操作(過去にちょっと触った経験があるので)出来ます、と()の部分を省略して伝えるのだ。ブチ切れそう。

 

いっておくけど私のやってる事は軽い事務を遥かに超えているし、何なら女人にはキツイ梱包作業もある上に、取引先にきつめに物申さなければいけない。派遣さんに任せるのもどうかと思っていたが、派遣会社のいい加減さに腹がたつ。本人にも気の毒だ。とても出来そうにないイキフン。

 

無理そうなら早目に私のサポート的事務をしてもらう方に切り替えて、全部引き継ぐのは諦めなければならない。私も早く引き継ぎをして新しい仕事を覚えたいのだ。とてもワクワクする。みんなが大変だ大変だと言っている仕事が本当に大変か試してみたいのだ。

 

大変な仕事はそれだけやり甲斐があるがな。でも正社員しかやらないその仕事を任されるのだから今度こそとうとう正社員になれるよね?と優秀くんに聞くと、分からないぞ~、またやり逃げされた女状態になるかもよ~とあまりよろしくない例えだが、たしかに良いように利用されてポイ状態にならないとも限らない。

 

ああ、つれないあなた、もう不安定な妾はいやです。早く本妻(正社員)にしてください、と想い人(会社)に詰め寄らなければいけないかしら?まあ、そんなにあなた(会社)の事は愛していませんがね。

寝ないでおられない

正社員試験を受けさせてあげる、と言われた訳でもないが、〇〇さんもこれをやって頑張って正社員になって!と契約社員から正社員になった美女ユカワさんにもらった問題集が出てきた。長男のゴミ箱から。

 

どうして長男の手に渡ったのかも分からないが、何の疑問も抱かず自分のもので無いものをゴミ箱へ直行させる長男の潔よさが理解できない。

 

それで、この前の講習で簡単な算数の問題も解けなかった自分を恥じて、その問題集をやる事にした。何でも企業が人を採用するのに使うとな。それで初っ端からつまずいている。何が楽しいのかシオの濃度を薄めたり濃くしたりしている奇特な人がいて、その人のイタズラに付き合わされてシオどんだけ~濃度どんだけ~的な回答を出すのだ。

 

正社員になるのにシオの濃度は大事なんだな。うん。と思っていたら濃度の問題最後の最後で今まで頑なに食塩水にこだわっていた奇特な人が、急にシオで遊ぶのに飽きて果汁の濃度に鞍替えしたがな。まあ、塩っぱいもの食べた後に甘い物食べたくなり、甘い物食べた後に塩っぱいもの食べたくなる心理と同じであろう。

 

まあ私も問題解くのに飽きたが。まだ本当にさわりしかやっていないのに。私には勉強は向かない。次男坊が算数の問題を解くのにこっちが一生懸命教えようとしてもすぐにうつらうつらと眠り始める気持ちがよーく分かった。

 

何故なら私も眠たくなり寝てしまう、という行為を繰り返しているので、とうとう次男坊に、かーちゃん、お勉強するの止めて。どーせすぐ寝ちゃうんだから。といわれる。お言葉ですが、君には言われたくないね、って君も私にはもう2度と寝ないで問題解きなさい!とは言われたくないだろうけど。

 

いやしかし、かーちゃんは諦めぬ。せめてもう少し算数出来るようにならないと。仕事にも差し障りがありまくり。

 

とりあえず1日1ページでいいからやりましょうかな。。。

 

らんらんランチ

2日間の講習会の為社外に出たのだが、講習会場でワンコインランチを食べたのだがテンションあがる。というのもうちの社員食堂はまあまあ歩くので行きたくなく、事務所でいつも粗末なお菓子やらおにぎり1個とかひもじい生活を強いられて…はいないが自分のめんどくさがりやの性格からある意味自分で自分に粗末ランチを強いている。

 

そんなんだから、食堂ぽい所でご飯を食べるのもランチぽいのを食べるのも珍しく、おまけにスーツ姿の人が多いのでその中に混じっているとオフィス街のOLみたいではないか。オフィス街に行った事もないし、オフィス街のOLもどんなんか知らんが。でもトーキョーの知人曰く、寒いなら腕通せばいいのにわざわざ腕を通さずカーディガンを羽織っている女子が多いらしいとな。あれは脇汗を隠す為だと知人は言うておったが。多分頭が良い知人が言うのだからそうなのだろう。

 

後ろを通り過ぎた女人が、今まで2、3回出してもらってるのに、と言いつつランチを男性社員から出してもらっている。そんなの気にしなくていいよ、と男性社員の方も言っている。それなら私のも出してくれんかな。今日だけだから。

 

ランチを食べた後の午後の講習はキツイなあ~と思っていたがなかなか興味のある内容なのであっという間に過ぎた。

 

帰りは講習が早く終わったので近くのケーキ屋さんでお高めのケーキを買って帰る。

 

家に帰って雀の…じゃなくて雀似の文鳥コメゾウさんを放鳥。テレビを見ている間中テレビにクギ付けだ。何がそんなに興味あるのか画面の前で飛んだり跳ねたりしがみついたりしている。全然話に集中できぬけど可愛いから許そう。

 

あ、修学旅行の思い出書くの忘れたわ 

 

 

修学旅行

双子が修学旅行へ行った。小学生の修学旅行は色々思い出があり過ぎる。まず、1学期の班で修学旅行に行かなくてはならないので、一番重要な班であるのに、担任の先生はあろう事か、鼻くそばっかりほじって不潔なので嫌われているノリくんと、頭はいいがムッツリスケベのお寺の息子デヒくんと私との3人の班にしたのだ。

 

今考えると納得できるが、あの時は納得できなかった。今考えて納得できるのは、わたくしは人に興味がないので人並みの好き嫌いがあまりなく、またメンタルも大変強く雑草並なので、ザツイ男子の中に誰か1人女子を入れないといけない、となったらあの10人の女子の中で私しか適任がいなかったのだろう。

 

そんなザツイ男子の班に入れられる程ザツイ私だが、お母様が買ってきてくれた旅行カバンがカラシ色をしていた時には流石に泣いた。女の子らしい可愛い旅行カバンを期待していたのに、5歳年上の姉でさえ、いや、このカバンはないな、と思ったと後日言っていたからな。買い直してくるよ?とお母様がションボリ言うも何だか意地をはって買いに行くよ、と両親が出かける車に、いい、もうこのカバンで!と部屋に閉じこもり、車が遠くへ走って行ってから、やっぱり行く~!!と泣いて飛び出した記憶がある。書いてて思ったけど、めんどくさい性格してんなー、子供の頃のあたち。結局カラシ色のカバンで行ったけど。

 

そういう事で今回娘のカバンを買うのには慎重に慎重をきした。娘は私と違って逆に女の子っぽいモノが好きではない。ピンクのカバンなど買って来ようものならメソメソ必至。ところが面倒くさがりと選択苦手な所は私にソックリなので、カバン?かーちゃん買って来て。何でもいい。色は黒ね。とザツイ希望のみで買物に付いてくる気配なし。

 

仕方なく長男を荷物係に連れて出て、ね、リーちゃんこれならいんじゃね?いや、それやばくね?あいつキレるんじゃね?と何度も繰り返し、結局グレーの男の子用のカバンを買った。

 

そいで本人に見せたら満足そうだ。下手な女の子っぽいカバンなど買わんで良かったY。

 

修学旅行の思い出に辿りつかないので、また気が向いたら修学旅行の甘酸っぱい思い出を書こうっとせ。そして何より昼休みが終わるのでここまで。

花を植える人

少女漫画でありがちな設定なんだけど、地味な女の子が校庭の花壇を人知れず世話なんてしてて、クラス1番の人気者の男の子に、なんて心の綺麗な子なんだ~って好かれちゃう設定あるんだけど、あれはまあ、本当に有り得ない設定なんですな。

 

男の子ほど見た目から入ると思うからクラス1の人気者、女の子選びたい放題の男の子が人知れず庭をいじってる地味女子に気が付くハズがないのである。

 

しかしだ、私は毎年この花の時期になると気になっていた。たまに車で通りかかる川沿いのコンクリ?採石?会社の前に植えられている花々が。わたくしは植物を育てる事も見る事もあまり興味がないので、たまに花壇に植えられている花はすべてパンジーだと思っているような人間だ。しかしその会社の前に植えられているのはそんな私でもパンジーじゃないな、と気が付くほど、色んな花が植えられているし、なんと言ってもバランスよく考えて植えられているのだ。

 

ギッシリ同じ花を植えているのではなく花壇全体で一つの調和になっているような、センスのいい花壇。こんな花壇はなかなかよそのお庭を除いても見た事がないように思う。何というか余白が上手い事ある感じのそれでいて明るくて、派手すぎず暗すぎずの見ていて疲れない心地よい花壇だ。

 

それでずっと気になっていた。こんな綺麗な花壇を世話しているのはどんな地味子だろう、とクラス一番の人気者になった事はないが、誰が手入れしているのかずっと何年も気になっていた。

 

その長年の謎が解ける日がやってきた。常に使用している通勤途中の道路が工事の為通行止めになったので通勤路を変えたのだ。毎朝その花壇の前を通るようになった。すると採石場の会社の人らしき、作業着にヘルメット姿の痩せた地味なおじさんが毎朝花壇で草を抜いているではないか。

 

ヨレヨレのおじさんがやっている所がまた萌える。そして見てくれ!見てくれ!って自己主張してこない花壇のように、この人もおそらく誰かの為とか、誰かに見てもらうとか、は二の次でただただ、土と草木が好きでいじっているだけの人柄が感じられる。

 

道路と会社の敷地の間の僅かなこの隙間がこのおじさんの憩いの場所なのかも。

 

というか私もこの花壇にいつも癒されている。工事は終わったけどもうこれからは毎朝ここを通勤路にして花壇と花壇を世話するおじさんに癒されよ。

 

そういう事で私は花壇と花壇を世話するおじさんに心癒されているから、あながち少女漫画の設定も全くないとは言えないと言う事だな。キャラクターがそろえば恋にも発展できる。うむ。現実は花壇を世話するのはおじさんで、それに心癒されているのはおばさん、って事でドラマにならないけどな!

激おこちゃん参上

わたくしはかなり怒りの沸点が高い。高いので滅多に人前で怒る事はない。その代わり笑いと泣きの沸点は地ベタスレスレの所にあるので箸が転がっただけで泣くし笑うだろう。

 

しかしひとたび怒りが爆発すると物凄い勢いでまくしたててしまう。普段怒りを小出しにしない分、極端に怒り心頭状態に陥る。で、今日はその日だった。電話でバトルしてフロアを凍りつかせた。

 

デスクの前のカイコくんが、激おこちゃんですね、どうしたんですか。と言い、小顔ちやんも、○○さんめちゃくちゃ怒ってましたね、と言ってきた。怒りが収まってくるとどえらい事恥ずかしい。あんまりあっちがテキトーな文句ばっかりつけてくるので、プッチンプリン。いやいやそんないちゃもんつけてくるなら課レベルで話し合いましょうや、こっちは出るとこ出たるねん!って勢いでまくし立てたら向こうも引きよった。

 

そうなのだ。結局自分が優位に立つためや自分を優秀にみせるために他人を利用して文句を付けたいだけなのだ。めんどくさい!はいはい、あなたは優秀です、あなたは正しい、って今まで軽くあしらってきたが、とうとう堪忍袋の緒がブチ切れた。

 

一体何が悪いんですかね?問題あるならそちらの課長からうちの課長を通して言って下さい。と言っておいた。おそらく向こうの課長もこの人をめんどくさいと思っているだろうから、本当に課同士の問題にはならないだろうし、なったとしてもわたくしは何ら困る事はない。やるべき事をキッチリやっているのだから。

 

はあ、怒り過ぎて疲れた。わたくしはやっぱり怒るのには慣れておらぬ。でもこれからはこういう場面も増えてくるだろう。何故なら新しい担当を任される事になり交渉ごとが増えてくるだろうから。

 

これ、フラグ立ってるよね?正社員になれる。これでなれなかったらホンマいい加減に今日の勢いで会社にブチ切れてやるうぅぅ