冷たい人間

日曜にライブに行った。とてもよい座席だったのだけど、スピーカーの前だったので調子の悪かった右耳が一気に悪化して月曜になってもボワーンとしている。

 

という事で耳鼻科に行って2000円なり。高いライブ代だ。今度からライブに行く時は耳が弱いのを自覚してライブ用の耳栓をして行こう。というか、いつまでライブに行けるのか…。大体私の好きなバンドの年齢層は確実に私より10以上若いような気がする…ツライ。

 

最近はお昼休みにパートの皆さんとご飯を食べいてると、必ずシロさんの悪口になっていく。シロさんは悪口を言われても仕方がないような行いをする人なのだけれども、私はとんと興味がないので、皆さんが悪口を言うほど嫌えないし、どうでもよい。

 

皆、シロさんの事嫌っている割にはよく見ているのだな。私は好きな人、面白い興味ある行動をする人くらいは気になってジーーと見てしまうがシロさんの事は全然興味がないので、全く見ていない。

 

そう考えると、私が1番人間的に冷たいのかもしれない。悪口を言ったりその人の行動を気になってしまうという事はその人の事を気にかけいるという事だ、良くも悪くも。それが私は全然気にかけていない。アリの巣をセッセッと作るアリ程も興味が湧かない時点で私はホンマに冷たい人間だと思う。

 

そんなこんなで、昼休みにつまらない悪口を聞いていても仕方ないので、最近は今日は食べないので〜とかウソんこついてデスクで1人音楽など聞いて楽しんでいる。

 

工場に行く時に久しぶりタマタコくんに会って話す。前の彼女がヨリを戻したくて電話して来て、無理だと伝えたら電話口で泣かれて僕も泣いてしまった、と言う。何て優しい。

 

私は若い時に2年越しに別れた彼氏から、忘れられないと電話が来た時に、いい人見つけてね〜、じゃあね〜、と問答無用に冷たくあしらったのだ。冷た過ぎる。せめて一緒に泣いてあげれたら彼もいい思い出になったろうに…本当にわいは冷たい人間だ。

 

昨日はジーくんにも会って話したけど、彼は来年くらい結婚するかもしれないけど、どこか冷めている。そんな感じを見るにつけ、自分の若い時によく似ているなあ、と感じる。大体の事がどうでも良くて、何でも良くて、自分の意見がハッキリしていない。

 

わたくしはよく人に優しいね、と言われるが、妹はちゃんと私の人間的な冷たさに気が付いていて、おねーちゃんは優しいように見えて一番冷たい、と言われる。

 

まあ、自覚はある。

 

人に興味など持てるかいな。なんて、考えるのはもういい大人なのだから捨てて、ピエ蔵や庭のメダカに注ぐ愛を、人様にも少しは注がなければならないな。

広告を非表示にする

妖怪

暗くなった工場で手探りで電気を付けて梱包作業をする。1人だと仕事も捗るけど、独り言も捗る。

 

自分で笑ったり愚痴ったりしながら作業をしている。夜の工場で怪しい女人が1人でウケケッと笑ったりウーウー唸って怒っている姿を見たらきっと工場のタタリ神か、妖怪工場舐めし、かと思うだろう。工場舐めしって妖怪名は勝手に考えたのだけど。

 

それで作業を終えて鼻歌混じりに電気を決して事務所へ戻ろうと歩いてドアへ向かう。するとドアの横に置いてある暗闇の中のベンチがもそ〜っと動く。

 

うぎゃー!!!あまりの恐怖で人に聞かれてはいけない下品な叫び声を上げて飛び上がる。この場合誇張でなくてマジで飛び上がってしまった。妖怪工場舐めし!?オバケ!?

 

よく見ると夜勤の若い兄ちゃんがベンチで横になりスマホをいじっているではないか。向こうも気まずそうだが、こちとら誰もいないと思って1人でブツブツ喋っていたのを聞かれたのかと、気まずさを通り越し、オマケに世紀末のような雄叫びを上げてしまってすまなさ、MAX。

 

ご、ごめんなさい、驚いてしまって…と、暗闇スマホボーイに謝り社用車へ尻尾巻いて逃げこむ。

 

はあ〜、チビった。やはり工場の暗闇梱包作業は1人では止めておこう。

 

しかし、あのスマホボーイ仕事サボってたのか?人の事は全然気にならないないが、今日はちとムカムカしてきたぞ。こっちは一生懸命社畜してるのに、優雅にベンチでスマホ妖怪などに化けよってからに…

 

別に謝らなくても良かったな。うむ。しかし、本当に心臓が口から飛び出して慌てて拾うくらいはビビったよ…

広告を非表示にする

立体機動装置

昨晩急にコカコーラが無性に飲みたくなり、双子を連れて近くの自販機に。皆で仲間で飲もうと2本だけ買って帰る。私は1口飲んだら満足してしまい、あとは双子にあっという間に飲まれてしまった。

 

そして今朝起きると次男坊が昨日のコカコーラ(の空ペットボトル)を振りまくって、プシュ〜!!と自分で音を出して部屋中駆け回っている。

 

男の子を2人育てて分かった事は男の子は頭の中で繰り広げている妄想世界をそのまま現実に体現してくれるから、アホっぽいと言う事だ。同じように妄想の世界で遊んでいた私はその点女の子であったのでボ〜っとあくまで自分の脳内だけで大人しく妄想世界を楽しんでいた。

 

ねえ、何してるの?と次男坊に聞く。汗をながしながら(それもそのはず、こやつはこんな暑くても日焼けが嫌だからと長袖を今だに来ている。)、僕ね、立体機動装置発明したんだよ。コカコーラの立体機動装置。振ってね、プシュ〜って飛ぶんだって。1本200円で安いし、すごいでしょ。とのたまう。

 

あ、ああ、なるほろね。今アニメでやってたものね、進撃の巨人。素晴らしいな。男の子のこの全力でアホっぽい所が私は好きだけどさ。

 

おそらく、昨日コカコーラのフタを開ける時にプシュッと鳴ったのがアニメの立体機動装置の音にソックリだったから思いついただけだろうけど、空のペットボトルをズボンの両サイドに付けて、プシュプシュ口で効果音を出しながら部屋中ジャンプしている姿は、思わず涙を誘う。

 

うう、ものすごく、バカッぽい。でも、見える!息子のアホ妄想が!彼は今、宙を縦横無尽にコカコーラ型立体機動装置で飛び回っているのだ。そして巨人と戦っている…!!

 

うん。そっとしておこう。

 

そして記念に写真撮っておこう。彼が大人になった時にこんなアホな事してたんだよ!って言ってあげたいけど、よくよく考えたら、男の子は一生こんな感じかもしれない。

広告を非表示にする

お客様サポートセンター

すごく分からない事があって、課内の人に聞いても分からなさそうなので、システムに詳しい別の課のザカさんにメールで教えてちょー、と尋ねる。

 

すると暫くして課に来てくれて教えてくれたが、課のバナナくんから、ザカさんとプリウスさんに質問が殺到してるから、しばらくは課の上の人を通して質問するようにしないとダメなんすよ、と教えて頂く。

 

えーー知らなかった!!と驚いていたらその案内のメールをパスタくんが転送してくれた。どうやら私にはそもそも来てなかったようだ。よかった。知らなかったから仕方がない。パスタくんには、メール転送ありがとう、と伝えておいた。

 

しかしその後静かな残業時間にパスタくんが電話をかけ始める。静かだから話しの内容が皆につつぬけ。

 

すいません、〇〇課のパスタですけど、プリウスさんお願いします。と言っている。みんな目が点。

 

いやいや、今一連の流れでプリウスさんやザカさんに質問がある時は上を通して質問しなければ、ってなったよね?わざわざその案内メールを私に転送してくれたのはチミだよね?それなのにカップラーメン出来上がるか出来ないかの時間内にいきなりプリウスさんに直接電話してるよ。鉄の心臓、鋼の心、もしくは脳が豆腐で出来ていなければできない所業だ。まあ、脳が豆腐なのだろうけど。

 

しかしザカさんやプリウスさんに直接質問できないのは不便だ。それもこれもシステムの事でそんな初歩的な事まで聞くんかい!的な質問が多いからだろう。お客様サポートセンター的窓口に成り果てているのだ。可哀想に。

 

私も何か不具合があった時は自分で色々試して何とか解決できるようにしようとするが、おバカなので、その最たる手段が未だに古いファミコン時代の、電源を落とす、という原始時代的手法なのだ。

 

いきなりブチ切りこそしないが段階を踏んで端末に眠ってもらい、一瞬の後にたたき起こすという非情な事をして問題を解決させようとする。

 

でも、大概それでみんな元気になってくれる。

 

この手法が人間様にも使えたらいいのに。何か不具合起こって怒ってばかりだったりイライラしてばかりの不具合人間を見たら眠らせて再起動させたい。   

 

再起動させても不具合が治らないところが、まあ、人間様なのだろうけど。

そんなバナナ!

三保の松原で富士山を見せてあげたいと子供達を連れて行くことにした。

 

行くよ!とはりきって言うも、部屋にこもって中二病的小説(←自分でそう言った)を書きたい長男と、四角いカクカクしてサクサクしたあのゲームをやりたい次男と、軟体生物の末裔かのように床にベタ〜と寝転がって小説を読んでいたい娘と、子供達3人揃って行く気ゼロ。

 

しかし母が行くとなったら行かねばならない。車に叩き込み出発!!する前にお財布の中身がスッカラカンなのに気がついてコンビニでお金を下ろす。2、3万引き出しておきましょう、とそうする。

 

ATMから出てきたお金をとって立ち去ろうとして、うん?私今2万おろしたのかしら?3万かしら?と明細書を見ると3万となっている。それなのに、手元には2万しかない!!そんなバナナ!と思わず脳内で雄叫び。

 

ビックリ。ATMもこんな初歩的な計算ミスをするのか!!と早速いそいそと備え付けの問い合わせ電話にかけ、お金たりましぇん!!と告げる。

 

案内の男の人は優しい声で、明細書の額はあっていますか?取り忘れはありませんか?下に落ちていませんか?と聞いてくる。自信満々で、その全てにノー!!と答えておく。 

 

分かりました。ではこちらで少々お調べ致します。と言う。音楽が暫くながれた後優しい案内の人が優しく言う。お客様、やはりATMをお調べ致しましたが2万のご要望に2万出しております。申し訳ありませんが手持ちの明細書は本日のものでしょうか?とのたまう。

 

何を言うか!さっき出てきたものを手にしたのだぞよ!と日にちをよみあげる。5月26…にち?

 

お客様、本日は6月4日でございます。

 

あ、あ、あー…6月4日の明細書が通帳入れにしっかり入っていた。引き出し額、2万円。

 

穴、穴があったら入りたい。ないから真っ赤になって平謝り。優しい声の優しい案内の人は最後まで優しく対処してくれたが、それが逆に大変つらい。

 

はーあ。今日は楽しかったが今日の一番の思い出話がATMを疑ったバカな人間の話になってしまった。

広告を非表示にする

美しい世界

通勤途中、とある会社の前を通ると芝生が綺麗に生えそろっている所があって、そこはカラス達のご馳走場所らしい。朝はいつもカラスがお尻フリフリ芝生をじっと見ながら歩き回って、たまに芝生をつついている。

 

小さな幼虫か何かを食べているのかもしれない。カラスは嫌われものだけど、二本足で歩くのは人間と一部の霊長類を抜いたら、動物の中でも鳥類くらいで、その中でもカラスは人間ぽく歩く。

 

小さな黒い小人っぽくてかわいい。

 

小人と言えばあの名作白雪姫で、白雪姫は王子と結ばれてお城へいくとなったら今までお世話になった七人の小人達にあっさりお別れを告げてお城へ行ってしまうのだけど、あれはどうかと思うよ。

 

歯がいやに白くて胸板のぶ厚い頭の中身まで筋肉でできてシワ1本もないよなアホそうな王子と結婚して白雪姫は幸せになれたのだろうか。まあ、お金さえあれば幸せなど買えるだろうから、幸せになったのだろう。

 

お金さえあれば幸せも買えるし、目の覚めるような美しいものも見ることができる。最近それを実感する事があった。

 

甥っ子の運動会にて甥っ子が一生懸命走る姿を姉がスマホで見せてくれたのだが、本当に綺麗に録画されているのだ。

 

それでよく考えたら私のスマホも去年の夏に新しく買ったのだから画像がこんなに汚いのはおかしいとやっと気が付き(遅い)、それで姉が、わたし画面の保護フィルム高いの買ったから、という言葉で、あ、おいら、めちゃくそ安いのをケチってテキトーに貼ったから、画面よりフィルムが小さいし、汚く見えるのかもと気が付き(やっぱり遅い)、さっそくその足で画面の保護フィルムを買いに行ったのだ。

 

しかしだ、スマホの進化のスピードは早い。そして私の脳の老化も著しく早いから、今自分がどんな機種を使っているのか皆目わからない上に、おそらくその機種ピッタリの画面の保護フィルムなどすでに売っていない。何という切なさ、刹那さ。

 

という事でスマホさんの顔を見て、目と口と鼻の穴さえあっていれば何とかなるだろうと、スマホの目と鼻と口の穴の位置を確認する。うむ。スマホによって微妙に目と鼻と口の位置が違う。この子はこの位置だな、と金に糸目を付けずに高いのを買おう、と思ったが世の中金に糸目を付けない人種が多いらしい。

 

1番高そげな保護フィルムがぶら下がっていたと思われる場所には品切れの札がかかっている。ちっ。私がサイズの合わない汚いフィルムで我慢していた間にも(別段我慢していないし、画面が汚いのはスマホのせいだと思っていたけど…)世の中の大多数はガラスコート的なウン千円するようなフィルムを私を嘲笑うかのようにベッタリ貼っていたのかっっ。

 

仕方なく2番目くらいに高いフィルムを買って帰る。家についていつもは説明書など絶対に読まないが、そこそこ高いフィルムを台無しにする訳にはいかないと、念入りに読んで画面に貼る作業に入る。

 

そしてすぐに気がつく。うん。サイズ合わねえ….。デカすぎる。このスマホの画面は大きい方だと思っていたけど、今はこのスマホよりデカイスマホもあるのか。というかインチで書かれてもおいらわかんねえよ。何センチかけることの何センチって書いてよ。

 

しかしここで諦めてはいけない。この際、上の目と鼻の穴だけあっていればいい。下の口の穴はフィルムが無くてもいいでしょ。とまずは長さを短く切る。

 

そして問題は幅だ。びっみょうにはみ出る。サイドにピタッと流して貼っておけばいいでしょ、とそうしていたらピタッと貼れていないので空気が入って浮かんでくる。

 

そこからはチョッキチョッキと少しずつ切り過ぎないように格闘してやっと空気が入らない程度に画面が貼れた。

 

ああ、スマホを買ったお店ですぐにその機種ピッタリの高いフィルムを買ってその場でお店の人に貼ってもらうという妹みたいなお金持ち(←これで金持ち認定される妹も気の毒だが)になって、そうしていれば今日の無駄な努力などする必要もなかったのに…

 

そんな事を思いながら、スマホの画面を見る。

 

なっ、なっ!!なんて綺麗なの!!今まで撮った写真の画像も何て綺麗にみえるんだ!!ごめん。スマホ。君のせいだと思っていて。スマホの写真ってこんなに綺麗だったの!!

 

あまりの画面の美しさと明るさで目が潰れそう。うわ〜目が〜目が〜と、思わず部屋で1人ムスカ

 

うん。今度からはお金に糸目を付けないでおこう。やはりお金で幸せは買える。お金さえあればケチる必要なくこんな美しい世界が手に入るのだ。

 

白雪姫もアホそうな王子と幸せに暮らしたろう。七人の小人の事もそのありあまるお金で面倒みたのだろう、きっと。

広告を非表示にする

鳥の一生

山のように溜まった仕事を月末までに終わらせなければならないが、計算苦手なわたくしが何回頭で計算してみても、あと3日×7時間では終わらず、では3時間残業して行った場合で計算してみても終わらず、4時間残業していく計算でも終わらない。

 

焦る。焦るからヒナタさんが間違えた作業(誰でも間違えるような事だからヒナタさんは責められまい…)を月曜日までに修正させて一つでも減らしておこうとせっせっとやる。

 

しかしシステムにお断りされる。だめね、入ってるからそれは入れれましゃえん、ってシステムが言う。私はガガン!と来る。そんな!古いシステムはそんな切ない事言わなかったわよ!!ぶー。わたしをあんな旧世代のジジイと一緒にしないで、って新しいシステムが高飛車に言う。

 

そうだ、きっとこのシステムは物凄い頭の切れる美人だろう。わたしの知人は美人は性格が悪いと思っているから、本当に美人にあって性格が悪いと嬉しくなる、と言っていた。という事は私は今、知人が喜ぶ美人と格闘している事になる。

 

とにかくだ、傷口を余計に広げてしまった。月曜日の仕事を減らすべくの努力が裏目に出て倍増した感がある。どうしよう。泣ける。出張から帰ってきたホンワカ係長に事のあらましを泣きそうに説明し、月曜にどうするか決めましょうとなって帰路につく。

 

しかしホンワカ係長はいつも出張となると濃いグレーのシャツを着ていくが、ボPも言っていたが昭和感溢れているな。何というかブイシネマっぽい。カッチョ様は自分のスタイルの良さが分かっているし、オシャレさんなので爽やかな薄い色のシャツだった。

 

しかし自分がかっこよく見えるシャツを選ぶ50のおじさんと、誰にどう思われても流行りを気にしないシャツを毎回来てくる40半ばのおじさんと、どちらがイタイだろうか。

 

私はインプラントをして白い歯をびかーっとさせてるおじさんを見ると少し引く。何だか何だかそこまでの何に対する執念かわからないけど、年相応に弱まっていくハズの執着がそこまであるのか、しゅごい。白い歯を輝かせているおじさんはきっとスケベだと、知人が美人が性格が悪いと思うように私は思い込んじゃってる。

 

朝起きてメダカの水槽をのぞく。か、かわいい。子メダカがいっぱい生まれてる。白い子は少なくてほとんど真っ黒な子ばかりだけど、みんなヒヨヒヨ泳いで可愛さMAX。いつまでも覗いているので蚊の餌食になった。

 

ついでに(?)ツバメの巣からタマゴを失敬してライトで中をのぞく。おお!血管が!いっぱい走ってる!生きてるなあ。早く雛の姿見たいなあ。明日も覗いてみよう。先週は2個だけだったけど、今週は5個もタマゴが生まれてる。

 

夕飯に丸焼きチキンを持ってきてくれた妹に、ツバメのタマゴの血管ハリハリしてるの見る?見たい?見せてあげる!とグイグイい言い寄るも、そんなの見たくない、とアッサリ言われる。ふーむ。不思議だな。興味ないのかな?

 

庭先のツバメを生暖かい目で見守り、室内の雀を溺愛し、チキンの丸焼きにかぶりつく。不思議だなあ。みんな同じ鳥なのにこんなに人生が…鳥生が違うのか。

 

しかしこのチキン、安くておいしいな。安くて美味しいは、正義でしかない。

広告を非表示にする