ドーラらない

この前みた記事で、能力が低い人は、自分の能力以上に能力があると過信しているらしい。逆に能力の高い人程、自分の能力を実際の能力より少なく捉えるらしい。これがウソかホントか知らないけど、実感としてはある。

 

仕事出来るな〜って人は大概、謙虚であるし、仕事も出来ないクセに威張りちらし〜の、差別しまくり〜のバナナ野郎みたいヤツに限って、根拠のない自信に満ち溢れている。しかし、私は実はそういうバナナ野郎みたいな奴は自分の能力の無さを知っていて、それを認めたくないがゆえ、人を下に落とす事をしたりして自分を上げようとする、コンプレックスからの行動かと思っていた。だが、実は本当に自分に自信満々である可能性が高いとなると、最早何か逆に憐れになってくる。すごいドヤ顔して立派な事を話してても、鼻の下に鼻くそつけて話してる人を見ているくらい何か恥ずかしい。

 

ところで、私も自分の能力が無いことをどうしても認められない事がある。大概は能力ゼロで生きてきたので、アハ!能力?何それ?そんなもの生まれる前にお母様の子宮の中に置いて来たわ、てな感じなので、殊更能力が無いことを気にもとめていない。が、何故か私は車の運転だけは、能力以上に能力があると思ってしまう。

 

人様から、荒い、速い、怖い、無謀、警察に捕まる、一発免停、親方〜空からおんなの子が…ぶ、ブレーキっっ!!てな感じでお叱りばかり受ける車人生を送ってきたが、何故だろう…みなぎっているのだ、自分が車運転じょーず!である自信が。

 

ハッキリ言って私は車の運転が好きだ。車の中で好きな音楽を聞き、移り変わる景色を眺めながら色々考えながら走る事の楽しさよ。ただ、確かに少々考え事に没頭するあまり、信号機の前に停止していたと思ったら、めちゃくそ背の高いヤシの木(みたいな何か海の近くによくある木)だった事もあるし、信号が青なのに停止し、赤になり青になり、となっていたのに気がついて、ハッ!信号機は赤で止まるんだった!信号機自体を見て止まってどーすんねん!一生信号渡れんわい!てな事も結構ある。

 

しかし上記のような長い棒的なものが前にあると無意識に止まってしまう刷り込みが出てしまう事がたまにあるくらいで、それ以外はとてつもなく運転に自信がみなぎっている。

 

だから、私の運転が下手であると、妹に言われても、HAHAHA!こやつ私の能力に嫉妬してやがるな!って思うくらいだ。

 

なるほど。まっこと憐れであるな。自分の能力がないと気がつけない人は私と同じように思ってるのか。バナナ野郎も同じ思考?

 

バナナ野郎の思考と同じ考えなど真っ平ごめん。私もそろそろ自分の車の運転能力をちゃんと冷静に受け止め、能力を伸ばして行くことを考えよう。

 

でもさ、ほら、ドーラだって車の運転も何もかんも荒いし、列車のレールの上をバリバリ走るとこなんてカッコよすぎでしょ。ってあれはアニメだから、現実運転でドーラらないようにしなくちゃな。

 

 

 

 

 

 

猫になるしかない

検証。人には誰しもある程度承認要求というものがあるはずだ。そこで私はどういう時に他人に認めて欲しいと思うか考えた。やはり永年、正社員になりたかったのは、自分の仕事っぷりを認めて欲しいと思っていた訳だから充分承認要求と認定するに足る。

 

あと、昨日のブログでキャラ弁を少々ディスった事もあり、では私の中にもキャラ弁を作った時に起こる衝動というものがあるかもしれない、と思い検証する事にした。キャラ弁は材料がないし、何よりだるい。パウンドケーキでも作ろう。冷蔵庫にカビそうなカボチャがある。つーか、一部分カビているが、そこを切ってしまえば、使える使える。これでかぼちゃのパウンドケーキを作って、毎週うちでゲーム三昧してたむろしている、息子の子供達に食べさせよう。うむ。

 

それで出来上がったパウンドケーキを見ていて、ムクムクと、ムクムクと誰かに見せたいという要求が湧いてきた。おお!これが!承認要求なるものかっっ!ハッキリとそれと認識すると面白い。この感情は常時どのタイミングか知らぬが、感じた事がある!というか、ブログ書いてるのもその感情からだったのか!気が付くの遅い!まあ、見てる人2~3人くらいだけど!

 

と、少々承認要求を承認したコーフンを味わった後、LINEで姉妹に今日作ったんだぜい!いえい!と承認要求を満たしておいた。

 

それで思ったが、承認要求というのは何かをする活力になるという事だ。人の活動力と承認要求は比例すると思っていいだろう。検証してないから分からないが、多分そうだと言える。

 

活力=承認要求だ。誰かに認めて欲しくて頑張るわけだ。で、あらためて思ったが、頑張らなくても良い範囲で、承認要求を満たしたいと思う私は傲慢であるな、と感じたわけだ。

 

キャラ弁作ってる人の根源が、承認要求でもいいではないか。私のようにコタツでそのインスタとか見て、ケッ、って思ってる方が怠慢なのである。

 

人に認めて貰うために何か頑張るより、コタツで寝転んでいるだけで、貴方はそのままでもいいのよ、ステキですね、感動しました、可愛い、マネしたい、って認めてもらえないかしら?って猫にしか許されそうにない事を思ってみたりする。

 

というと、コタツで寝ている猫こそ、承認要求を活力少で手に入れらる、至高の存在と言えそうだな。

 

こりゃ、猫になるしかない。

私は猿

子供を一応3人育てているので感じるのだが、私は世間一般から見てかなり冷たい母親なのではなかろーか、と思う。というか、自分自身が全般人に興味がないので、流行りにのろうとか、みんなと一緒じゃまずいとか、1人じゃいやだ、という感情を一切持たないので、そのままのスタンスで子供に接してしまっている。

 

キャラ弁なるもの作ったことなどない。子供としては親が手間暇作って愛情込めて作ったキャラ弁を他の子に見せながら食べるのは、きっと誇らしげであるに違いない。だが、同じ年頃の私を思い出すと、頭の中昆虫と動物の事でいっぱいだったので、キャラ弁を母親が作ってくれても、何のありがたみも感慨もなく、パクリと食べて、終わりだっただろう。自分がそうだっただろうから、子供もみんなそんなもんだ。キャラ弁など、見て見て?私子供の為にこんな可愛いキャラ弁作っちゃういいママですよ〜見て〜ってインスタとか保育園とか小学校の先生にアピールするのみのツールだと思っていた。だってそれが証拠に休日の昼もあのキャラ弁を子供のために作っている親がいるだろうか。どこにも出かけない、お昼に。そしてインスタにあげるの禁止にした休日のお昼に。いないと信じたい。そんなヒマあるなら、自分のためにもっと時間使ってくれって、そのママに泣いてすがるわ、わちき。ま、趣味の人ならいるだろうけどな。

 

ところが、意外な事に双子はキャラ弁作って欲しかったそうだ。みんながそうだったので羨ましかったのだそうだ。驚いた。他人の弁当に興味のなかった自分と違い、まあまあ他人の弁当見てたんだな、悪いことしたな、でも、人と一緒じゃなきゃ嫌って考えは捨てようぜ☆って論理で結局1回も作らなかったが。(ひどい…)

 

とにかく自分がかなりマイノリティな思考の持ち主である事を最近知っただけなので、子供達が小さい頃など、子供はそんなもんだと、自分の子供の時の思考そのままをあてはめていたのはマズかった。頭が昆虫と動物と宇宙と漫画でいっぱいだった私に周囲の状況など確認するヒマなどない。そんな奴の思考を世間一般に当てはめてはいけない。

 

大体保育園の親子遠足とか、わざわざみんな1人で行動するのが嫌で、一緒にいくママ友を作っておくらしかったのだ。もしくは子供の友達の親とかと行動するとか。当日子供だけで行動していたのは、私だけだった驚愕。え?みんな、水族館の魚興味ないの?ママ友とかと行動したら、集団のペースに合わせなくちゃならなくて、じっくりイカやタコやカニイワシやクラゲ見れないじゃん!と世間一般の興味が、私のように異様に生き物に注がれてはいない事もその時知ったのだ。

 

私は人に興味がない分、差別感情はあまり持たない。何故ならみんな結局猿じゃん?って思ってるから。同じ猿同士あっちが低いこっちが低い、あの猿偉い、って猿が話しててもさ、猿じゃない者達から見たら、結局猿なわけよ。他人に偉そうな人見ると、笑えちゃう。他の猿を尊重できない猿は、いばりちらす猿は憐れな猿だ。自分が猿とも知らず、猿を馬鹿にする猿みたいなものだ。自分が猿であるとちゃんと分かっている人は猿の事を馬鹿にしない。他猿を馬鹿にしたり責めたりする前に、ふと自分は何なのか考えてくれる猿になって欲しいな、子供達には。

 

他人と比べる必要もないし、他人と一緒でなければならない事はない。その感情は逆に他人と違う物への偏見や差別になるからさ、いーじゃん。他人と違っても。他人は他人でそれいいね!って尊重して自分は自分で生きていれば、必ず自分のことも尊重してくれる人に会えるさ、ってな事で、自分が母親としてちょいと冷徹な所をいい話にすり替えて終わりとする。かしこ。

 

つーか、もっと要望すると、猿の事も尊重できるどんな生き物にも対等の眼差しを向けれる人間になって欲しいな、かーちゃんは。それが徹底されていれば、人の事も尊重できるでしょーよ。かしこ。

焼肉やいやい

正社員祝いにボピーとカイコくんが高級焼肉をご馳走してくれた。他人の金で食べる焼肉、それも高級ときたら美味しくないハズがない。平日水曜日でなかったら、テンション上がりまくりで、カラオケまで行っていただろう。しかしそこは平日、次の日仕事、おばちゃんは老体にムチが打てない。

 

案の定慣れない高級焼肉、平日の外食でお腹は壊すし、眠いし、だるいしで他人様の金で私ごときが高級焼肉を食うとは末代まで祟られる所、何の神の憐れみか、お腹壊すぐらいで済んで良かったと思いそめしか。

 

とりあえず、恋バナ、仕事の愚痴、恋バナ、悪口、また仕事の愚痴、時々下ネタが入る焼肉は楽しかった。それで前々から下ネタが苦手だと思われている私だが、苦手なのではない。誰よりも想像力が豊かなので、下ネタの話だけですまず一瞬にしてその話のネタを細部まで想像してしまい、真っ赤になるので、〇〇さんはちょっとの下ネタで恥じらう、おばちゃんなのに中身は中学生かっ!!やべーぞ、おい、ってつっこまれるくらいは誤解を生むわけだ。

 

誤解も生むが、わたしゃ3人子供を産んでいる。少々の下ネタで恥じらえるかコノヤロー。ただ、妄想族ヘッドとしての能力が遺憾無く発揮されてしまうのと、根っからの赤面症だからそう思われるだけだ。あと、下ネタって聞いてても興味無いからすぐに忘れるからさ、そこの所の知識が全然積み上がらないわけよ。だから、色々知らないのは確かかもしれない。

 

しかし、若いね。ボピーもカイコくんも。同じ歳の頃私は既に結婚して1人目の子育て真っ最中だった。今はその息子に私のスマホでゲームをさせる代わりに、手足のマッサージを強要させているが(鬼母)。時が経つのは早いね。

 

とりあえず、若い2人にサンキュー。こんなおばちゃんの為に焼肉やいやい、家焼くな、してくれて。楽しかったばい。

罵詈雑言

悪口書いていいですか。いいですよ。ありがとう。という事でだ、カイコくんに落ち着けと諭されるほど、バナナ野郎の罵詈雑言を話して聞かせた。私は人の悪口は本当にマジ言わない方なのである。絶対、それ、自信ありまーす。でもその私にここまで罵詈雑言を吐かせるとは、お主は素晴らしい、エクセレント、褒めてつかわす。

 

この前こんな事があった。うちの課は1人パソコンモニター2台持ちの2画面使って仕事しているのだが、新しい南国鳥さんもバナナ野郎から仕事を引き継ぎ、そのままその2画面を使っていたのだが、バナナ野郎が別工場にとばされ…もとい、別工場のフロアへ異動する事になったのだが、(課は代わらないが。チッ。)その引越し当日いそいそと南国鳥さんの2画面の接続アダプターを外して持っていこうとするではないか。もちろん南国鳥さんはそれでは1画面になってしまう。

 

そして私に言ったのだ。〇〇さんの2画面の接続アダプター南国鳥さんのが来るまで南国鳥さんに貸してくれない?と。開いた口が塞がらない。

 

ここで冷静にバナナ野郎の行動を分析してみよう。南国鳥さんのアダプターを外し自分の別工場のパソコンにとりつける。南国鳥さんはアダプターが無くなるから買うしかない。それが来るまで南国鳥さんは1画面だ。そういう事であなたなら1画面で十分でしょ扱いを隠しもせずに、私に接続アダプターを南国鳥さんに貸せと言うのだ。そもそも南国鳥さん発注方法もまだ覚束無いなから、アダプター発注するのも自然と私がするより他ない。絶対バナナ野郎が懇切丁寧に南国鳥さんのアダプターを買ってあげる訳がない。おまいが引き継ぎ担当だろーよ。ちゃんと面倒最後まで見ろ(怒)

 

そもそも何故にそのアダブターを別工場に持っていくのだ。その2画面もアダプターも南国鳥さんのものだ。そもそも画面などわんさか余ってるから、余った画面を持って自分が大人しくアダプターを注文し、それが来るまで1画面で我慢すればええんじゃね?南国鳥さんのアダプターを取り外し、私のを取り外しつけたりかえたりするより、効率もよくね?え?大体仕事もろくにテギないくせにミサワばりにトゥタターン!!するから、とばされ…もとい、異動になったんでしょうよ?自覚ある?画面1個でおまいは大丈夫だわっ!!てか1画面は大きいの使ってるけど、2画面目はみんな小さいの使ってるのにおまいだけなんで両画面ともデカいの使ってんの?え?仕事できもしないのに恥ずかしくね?私なんて正社員になるまでは何か2画面もらうほどの分際でもないと思っておまいさんより、大変な工場あてがわれて日々奮闘してたけど、全然1画面で出来るよ?ん?それとも何かな?仕事の出来ないそれを画面で誤魔化してるのかな?見てくれだけ気にする割にはこの前の私服のギラっギラっしたカッツカッツの靴履いてスーツでキメてるつもりなのに、靴の先は皮が剥げてるし、カバンもなんか皮剥げてるし、剥げた皮の鞄と靴で来るくらないなら、その姿で来んなや、ダサっ。ふつーにトレーナーとジーパンのカイコくんの方がよっぽどオシャレだわ。

 

…という脳内の罵詈雑言を飲み込み、南国鳥さんの分も接続アダプターを追加で買っておいた。私も画面だけ机に置いているだけで、まだ接続していなかったから。自分は1分も1画面のままは耐えられないのに、私や南国鳥さんが1画面なのはどうでもいいらしい。想像力のない人間てホントいるもんだね。見ていて恥ずかしい。

 

はーあ、やれやれ、あやつの顔を来週から見なくていいと思うと気分晴れ晴れ。

 

というか、人間て罵詈雑言だけはスラスラ出てくるもんだね。まだ書き足らないわ…

特技は料理

会社で自分の特技を書かなければならない状況になった。参考までに過去の人様の書いた特技を見ることにした。これが意外に面白い。大体が学生時代にやっていたスポーツとか、習い事を書いているが、中には書くことが無くて、無い袖を振るどころか内臓をひっくり返す勢いで裏返して振って、やっと出してきたのであろう特技があったりする。

 

犬に異様に好かれる、ってなんやねん。いや、立派な特技であるが、一体この人は何匹の犬に異様に好かれてこの結論に達したのであろうか。あと、どこでも眠れると書いている人もいる。この人も書くことがどうしても思い浮かばなかったのであろう。特技として良いものか判断に迷う。

 

また見たまんま金持ちそうなオサレなおじ様の特技が、社交ダンスとか書いてあると、チッと舌打ちしたくなる。さも、さもありなん、な特技書きよってからに、と思う。

 

それで、舌打ちしたり笑ったりして他人の特技をジャッジメントしていたが、全く自分の特技が思いつかない。

 

あるには、ある。カラスの泣き真似が異様にうまい。ザリガニなどの小動物?を獲るのが異様にうまい。昔バケツ?にいっぱいのセミカニ、タニシ、カタツムリを採った事を考えても特技として誇っていいだろう。しかし、会社の広報的なモノに載せるには、確実に変な人認定されそうだ。

 

そこで、出した結果。こんなもの誰も見やしないから、思いっきり勘違いさせるような事を書けばいいのだ。精一杯自分をよく見せようとしてもいいのだ。という事で料理と書いた。料理と書いておけば、女らしい特技だと思ってもらえるだろう。

 

嘘を書くのはひけるが、特技が料理はウソではない。わたくしは料理を雑に作るのが非常に得意である。雑さと合理的さでは他に引けを取らぬであろう。肉を切るまな板を洗うのはめんどいから、そのまま炒めながらハサミでバチバチ切るし、キャベツの芯を避けて切るなどめんどいから、ザックザック切って炒めて、芯の太いところ固い所は見つけ次第、ポイポイ捨てて行けばよろし。

 

お好み焼きも人数分焼くのがめんどくさけりゃデッカイの1枚焼いて人数分に切ればよろし。

 

雑だ、いかにも雑だ。それだからどんだけ残業しても大概30分以内に3品くらいは作れる自信はある。だけど美味しい自信は全くない。盛り付けなど下手すぎる。不味そうなご飯をより不味そうに盛り付けられる自信はみなぎっている。

 

それだから特技は料理と書いてウソにはならないのだ。

報告いたします(捏造)

カイコくんと出張に行ったのだが、これからまあまあ誰かと出張に行く事も増えるであろうから、カイコくんに確認をしておいた。現地集合現地解散はありか?なきか?と。ありありだと言ってくれた。良かった。

 

カイコくんみたいに気の知れた相手となら行動をガッチリ共にしてもいいが、カッチョとかカッカリチョとか、イケスカナイ若造とかとガッチリ行動を共にするのは、人見知りである事を差し引いたとしても、キツイではないか。

 

カイコくんは息子みたいなものなので、全然気を遣わなくて済む。おトイレ大丈夫?したくなったら遠慮なく言ってね、と4歳児に話しかけるように言っておいたが、これもセクハラ発言になるのであろうか。言った本人、自分の方がお腹弱いからしょっちゅうトイレ行きたい、と行動を遅延させていたという残念な結果だったが。

 

そもそも、トイレの心配をする当たり、お腹弱い人の思考であるので、フツーの健常なるお腹を持っている人からしたら、何言ってんだこのオバハン、と思われる発言だろうが。

 

それで新幹線の中でカイコくん相手にペラペラペラペラと話した挙句、目的地に着く直前に眠くなりテンションが下がる。はーあ。もうこのまま寝てたいわ。見つかりもしない新規購買先を探すのだ。エネルギーが必要だが私のエネルギーは新幹線の中のお喋りで使い果たした。もう成果が上がらないのは火を見るより明らかである。昼に食べるランチの事でも考えておこう。

 

ボチボチ目的を果たしてすぐにランチにする。まあまあ美味しいご飯だ。しかし、カイコくんには感心する。行動がまっことスマートである。お手拭きどこかな〜と探しに行こうと立とうとすると、お手拭きですか?とサッと自分が立ってサッと持ってきてくれる。お水もサッと取りに行って、おかわり大丈夫ですか?と返事をするより早くとサッと行動して水を取りに行ってくれてる。

 

ホエ〜。驚いた。わたしゃ自慢じゃないが気の利く男の友達もおらんが、ハーンもまったく気の利くタイプでもない。私も気が利かないのでそこはどっこいどっこいで気楽だが。若い女の子にはフツーであろうが、気の利くメンズと初めて行動を共にしたと言っても過言ではない。

 

それで思ったが、言葉は汚いが、ケツのすわりが悪い。落ち着かない。カイコくんがイケメンの女たらしでなくて良かった。(←おい)

そうでなければ、その全く気負わないスマートな行動に惚れてしまう女人もおるであろう。思わず、何で彼女出来ないんだろうね?と失礼な事を口走りそうになったが、耐えたがや。

 

おまけに何やかんや気が付くと自分の持っていたであろう色んな荷物が自然にカイコくんにシフトされて荷物持ちになってくれている。ここまでくるとまっことまっこと不思議になる。こんな生き物もおったのだな?こりゃこういう彼氏を持った女人がワガママになってもしょーがない。女を堕落させる男だな、コイツは。

 

という事で夕方、女を堕落させるスキルを持ちながらそのスキルを発揮する場も状況も与えられず、クソ田舎に閉じ込められて筋トレするしかないのにその筋トレのせいで背中を痛め最近休日はベッドの上でゴロゴロしているしかない残念な若造と分かれ、帰路に着く。

 

はー、本当に成果なし。なんも無し。マジで報告書に書くことが無い。新規購買先を見つける事ができずに、同行者のフェミニストな所を新規に発見しました♡なんて報告書書けるかよ。しかたあるまい。報告書捏造しとこ。ウソとハッタリ大事。